F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

リスタートで3位を失ったペレス「VSCシステムのトラブルに妨げられた」と憤り。解除タイミングに混乱/F1第12戦

2022年7月25日

 2022年F1フランスGP決勝で、レッドブルのセルジオ・ペレスは4位を獲得した。


 3番グリッドについたペレスは、スタートでルイス・ハミルトン(メルセデス)に抜かれて4番手に落ちた。その後、ハミルトンを抜き返すことができず、シャルル・ルクレール(フェラーリ)リタイア後は3番手を走行。レース終盤は、後方から近づいてきたジョージ・ラッセル(メルセデス)との激しい戦いになった。41周目にターン8でラッセルが仕掛けた際に軽い接触が起きたが、その際はペレスが前をキープ。しかし、レース終盤、バーチャル・セーフティカー(VSC)出動後のリスタートでペレスはラッセルに抜かれ、4位フィニッシュという結果になった。


 ペレスがバーチャル・セーフティカー後のリスタートで出遅れたことについて、チーム代表クリスチャン・ホーナーは、「バーチャル・セーフティカーのタイミングが彼にとって悪かった。ソフトウエアのエラーがあったため、通常よりも長く続いたのだ」と語っている。


 今回、バーチャル・セーフティカー導入時、レースコントロールのシステムにトラブルが発生したことが明らかになっている。通常は「VSCエンディング」のメッセージが全車に公式メッセージシステムによって送られた後、10秒から15秒後にVSCの表示がグリーンに変わり、ドライバーたちはレースを開始することができる。しかし今回は、トラブルにより、セーフティカーピリオドが継続し、自動的にバックアップシステムが立ち上げられた後、2度目のメッセージが送られた。これにより混乱が生じたものと考えられる。

2022年F1第12戦フランスGP セルジオ・ペレス(レッドブル)とジョージ・ラッセル(メルセデス)のバトル
2022年F1第12戦フランスGP セルジオ・ペレス(レッドブル)とジョージ・ラッセル(メルセデス)のバトル

■セルジオ・ペレス(オラクル・レッドブル・レーシング)
決勝=4位
3番グリッド/タイヤ:ミディアム→ハード


 今日のレースは難しかった。ペースが足りず、残念ながら目指していた表彰台に上ることができなかった。タイヤマネジメントに苦労し、その問題をうまく解決することができなかった。


 ジョージとは激しく戦ったが、良いバトルだったよ。1-2を飾るためにプッシュしたかったけれど、メルセデスは強力で、彼らをオーバーテイクするのは難しかった。いくつか分析すべき問題がある。次のハンガリーではペースを取り戻し、より強くなって戦いたい。


(バーチャル・セーフティカーについて語り)正直言って、バーチャル・セーフティカーがリザルトの妨げになったことが残念だ。そんなことがあってはならないのに、今日はそれが起きた。(最初の「VSCエンディング」のメッセージが)完全に誤りだったんだ。ターン9立ち上がりで終わると言われていたのに、終わったのはターン12の出口だった。



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

9/30(金) フリー走行1回目 19:00〜20:00
フリー走行2回目 22:00〜23:00
10/1(土) フリー走行3回目 19:00〜20:00
予選 22:00〜
10/2(日) 決勝 21:00〜


ドライバーズランキング

※イタリアGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン335
2位シャルル・ルクレール219
3位セルジオ・ペレス210
4位ジョージ・ラッセル203
5位カルロス・サインツ187
6位ルイス・ハミルトン168
7位ランド・ノリス88
8位エステバン・オコン66
9位フェルナンド・アロンソ59
10位バルテリ・ボッタス46

チームランキング

※イタリアGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング545
2位スクーデリア・フェラーリ406
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム371
4位BWTアルピーヌF1チーム125
5位マクラーレンF1チーム107
6位アルファロメオF1チーム・オーレン52
7位ハースF1チーム34
8位スクーデリア・アルファタウリ33
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム25
10位ウイリアムズ・レーシング6

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第17戦シンガポールGP 10/2
第18戦日本GP 10/9
第19戦アメリカGP 10/23
第20戦メキシコGP 10/30
第21戦ブラジルGP 11/13
  • 最新刊
  • F1速報

    第16戦 イタリアGP号