F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

FIA、周冠宇のアクシデントの調査を開始。安全上の役割を果たせなかったロールフープを深刻視、F1技術規則変更を検討か

2022年7月7日

 F1の安全委員会は、安全性のさらなる向上のため、イギリスGPスタート直後に起きた周冠宇(アルファロメオ)のクラッシュについて、調査を始めている。他車にヒットされた周のマシンは、逆さまになった状態でスピンしながら、ターマックからターン1外のグラベルトラップまで100メートル以上を滑り、タイヤバリアを乗り越え、セーフティネットに底面から当たって、バリアとネットの隙間に落下した。周には幸いにも大きな怪我はなく、レース中に検査を終了し、元気な姿を見せた。だが、周のアクシデントからは、今後改善すべき課題が見えてきた。F1とFIAは、調査の後に、F1テクニカルレギュレーションへの変更を行う可能性がある。


 この事故における調査対象として、さまざまな項目が挙げられている。逆さまに滑っているなかで、FIAが義務づけている検査に合格したロールフープバーがマシンから脱落していたこと、グラベルトラップがマシンを全く減速させなかったこと、グラベルトラップとタイヤウォールの間に小さいながらターマックのスペースがあり、それによってアルファロメオがバリアを飛び越えてしまったこと、タイヤバリアの後ろのガードレールとセーフティネットの間に隙間があったことなどだ。


 今後膨大なデータに基づいた調査が行われることになるが、最優先されるのは、マシンが逆さまで着地した場合などにドライバーを守るはずのロールフープが、その役割を果たさなかったのはなぜなのか、原因を突き止めることだ。FIAが義務づけた、3方向への荷重テストに合格した安全構造にもかかわらず、アルファロメオC42がひっくり返り、ターマック上を滑り出してすぐに、ロールフープが崩壊した。幸い、ヘイローのおかげで周の身体は守られた。

2022年F1第10戦イギリスGP 逆さまになった周冠宇のアルファロメオC42
2022年F1第10戦イギリスGP 逆さまになった周冠宇のアルファロメオC42


2022年F1第10戦イギリスGP 事故後の周冠宇のアルファロメオC42
2022年F1第10戦イギリスGP 事故後の周冠宇のアルファロメオC42

 現時点で注目されていることのひとつは、全チーム中、アルファロメオのみが採用している、ブレード型ともいわれるシングルスパイクのロールフープストラクチャーだ。このシステムは、2010年にメルセデスが導入、他のいくつかのチームが追随したが、その後、消滅、しかし今年、アルファロメオが採用した。

2022年F1第9戦カナダGP アルファロメオC42のロールフープ
2022年F1第9戦カナダGP アルファロメオC42のロールフープ


2022年F1第10戦イギリスGP アルファロメオC42のロールフープ
2022年F1第10戦イギリスGP アルファロメオC42のロールフープ


2022年F1第10戦イギリスGP メルセデスF1 W13のロールフープ
2022年F1第10戦イギリスGP メルセデスF1 W13のロールフープ

 調査結果によっては、FIAはテクニカルレギュレーションにおいて、ブレード型のロールフープを禁じるかもしれない。また、一歩踏み込んで、より丸みを帯びたタイプを標準デザインに定める可能性がある。また、ロールフープの検査の際の荷重を増やすことは、最も簡単な解決法になるだろう。


 FIAとしては、反射的に安易な行動を取ることは避けたいと考えているが、チームはあと3カ月以内に2023年マシンのモノコック製造をスタートするため、規則変更にあまり時間をかけすぎるわけにはいかない。


 FIA会長モハメド・ビン・スライエムは、全チームおよびロス・ブラウン、パット・シモンズ、パトリック・ヘッドをはじめとするエキスパートが参加する特別委員会を設置してこの問題への解決法を探るとともに、他の人々をも招集し、今回起きた恐ろしいクラッシュに関する別の問題への調査も行う意向だ。


 調査の予備的結論は、ハンガリーGPが行われる7月末に発表される見込みだ。そして2023年テクニカル・レギュレーションへの勧告と変更は、秋に行われる次回のFIA世界モータースポーツ評議会会合で提示されることになるだろう。



(Grandprix.com)




レース

11/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン454
2位シャルル・ルクレール308
3位セルジオ・ペレス305
4位ジョージ・ラッセル275
5位カルロス・サインツ246
6位ルイス・ハミルトン240
7位ランド・ノリス122
8位エステバン・オコン92
9位フェルナンド・アロンソ81
10位バルテリ・ボッタス49

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング759
2位スクーデリア・フェラーリ554
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム515
4位BWTアルピーヌF1チーム173
5位マクラーレンF1チーム159
6位アルファロメオF1チーム・オーレン55
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム55
8位ハースF1チーム37
9位スクーデリア・アルファタウリ35
10位ウイリアムズ・レーシング8

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第19戦アメリカGP&第20戦メキシコGP 合併号