F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

レッドブル代表「マックスは不運にも黄旗で約0.4秒失った」360度スピンには「あり得ない」と驚愕/F1第10戦予選

2022年7月3日

 2022年F1イギリスGPの土曜予選で、レッドブルのマックス・フェルスタッペンは2番手、セルジオ・ペレスは4番手だった。


■レッドブル・レーシング
チーム代表クリスチャン・ホーナー


 非常にトリッキーなコンディションであったが、ドライバーふたりにとって良い予選になった。イエローフラッグが出たことでマックスは0.3秒か0.4秒ぐらいロスすることになったのは不運だった。それでもフロントロウは確保できたし、チェコは2列目に入ったので、我々としては満足している。今日のセッションの状況を考えれば、良い位置と言えるだろう。


 明日がドライのクリーンなレースになったなら、戦略とタイヤのデグラデーションがカギになるだろう。昨年までと比較して、今年、我々のマシンは前のマシンに近づくことが可能になっており、それはベケッツにおいて極めて重要になる。明日、美しい英国の夏が続くなら、すべてが一瞬にして変わってしまう可能性があるが、いずれにしてもフェラーリと戦えることを願っている。


(F1キャリア初のポールポジションを獲得した)カルロス(・サインツ)におめでとうと言いたい。我々のジュニアドライバーだったころから、彼はウエットコンディションが得意だった。今日はポールにふさわしい、素晴らしい仕事をした。

2022年F1第10戦イギリスGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル)
2022年F1第10戦イギリスGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル)

(Q3でのフェルスタッペンの360度スピンについて聞かれ)彼はあのスピンで2秒しか失わずにラインを通過した。あり得ない出来事だ。もちろん計画にはなかった。だがマックスは常に限界を見つけようとしているのだ。



(autosport web)




レース

7/29(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/30(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/31(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン258
2位シャルル・ルクレール178
3位セルジオ・ペレス173
4位ジョージ・ラッセル158
5位カルロス・サインツ156
6位ルイス・ハミルトン146
7位ランド・ノリス76
8位エステバン・オコン58
9位バルテリ・ボッタス46
10位フェルナンド・アロンソ41

チームランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング431
2位スクーデリア・フェラーリ334
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム304
4位BWTアルピーヌF1チーム99
5位マクラーレンF1チーム95
6位アルファロメオF1チーム・オーレン51
7位ハースF1チーム34
8位スクーデリア・アルファタウリ27
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム20
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第10戦イギリスGP & 第11戦 オーストリアGP合併号