F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ホンダ浅木泰昭氏がF1パワーユニット開発を語る。人とくるまのテクノロジー展にてオンライン特別講演

2022年6月30日

 現在開催されている『人とくるまのテクノロジー展2022 NAGOYA』にて、ホンダレーシング常務取締役 四輪レース開発部部長の浅木泰昭氏が期間中の7月1日(金)10時より、技術開発特別講演としてF1パワーユニット開発についてオンライン講演を行う。


 2021年のF1で王者メルセデスと激しいタイトル争いを繰り広げ、最終戦アブダビGPでマックス・フェルスタッペンがドライバーズチャンピオンを獲得したレッドブル・ホンダ。そのタイトル獲得をサポートしたのが日本の自動車メーカーであるホンダが開発を行ったパワーユニットだ。


 そのパワーユニットについて、当時は本田技術研究所 HRD Sakuraセンター長兼F1プロジェクトLPL(ラージ・プロジェクト・リーダー)としてホンダF1のパワーユニット開発を率いたのが浅木氏となる。


 今回、人とくるまのテクノロジー展2022にて浅木氏の技術開発特別講演がオンライン開催(事前録画編集済の映像を放映)されることになり、F1のパワーユニット開発にかけた熱意や思い入れ、レースパワーユニットについて技術解説を行う。


 この特別講演の聴講は無料となり、だれでも浅木氏の話を聴くことができるが、聴講する場合は必ず来場登録(参加登録)が必要になる。講演をオンラインで聴講する場合には、こちらのページ画面内の【来場登録はこちら】内の【オンライン展示会のみ】をクリックし、事前に参加者登録をお忘れなく。また、すでに名古屋展示会への来場登録を行っている方に関しては、登録時のメールアドレスとパスワードでオンライン展示会にもログインが可能だ。


 7月1日の講演当日には、こちらのページの【7月1日10:00〜配信】をクリックするとオンライン展示会サイトへ遷移し、参加登録時のメールアドレスとパスワードを入力すれば聴講が可能になる。講演は全体で5部構成になっており、約62分間の映像とともに浅木氏がF1パワーユニット開発について語る。


 なお、リアルタイムでの参加が難しい方向けにも、7月4〜5日には見逃し配信も予定しているとのことだ。参加登録を行えば誰でも浅木氏によるF1パワーユニット開発の最前線を知ることができるため、ぜひ多くの人に聴講してほしい。人とくるまのテクノロジー展2022の詳細については公式サイト(https://expo-info.jsae.or.jp/ja/nagoya/)まで。

ホンダF1の歴代パワーユニット。左からRA621H、RA620H、RA619H、RA618H、RA617H、RA616H、RA615H
ホンダF1の歴代パワーユニット。左からRA621H、RA620H、RA619H、RA618H、RA617H、RA616H、RA615H



(autosport web)




レース

11/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン454
2位シャルル・ルクレール308
3位セルジオ・ペレス305
4位ジョージ・ラッセル275
5位カルロス・サインツ246
6位ルイス・ハミルトン240
7位ランド・ノリス122
8位エステバン・オコン92
9位フェルナンド・アロンソ81
10位バルテリ・ボッタス49

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング759
2位スクーデリア・フェラーリ554
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム515
4位BWTアルピーヌF1チーム173
5位マクラーレンF1チーム159
6位アルファロメオF1チーム・オーレン55
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム55
8位ハースF1チーム37
9位スクーデリア・アルファタウリ35
10位ウイリアムズ・レーシング8

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第19戦アメリカGP&第20戦メキシコGP 合併号