F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1カナダGPでフロントウイング破損のマグヌッセン、オコンの無線に影響された修復指示を批判

2022年6月29日

 ハースF1チームのケビン・マグヌッセンは、2022年F1第9戦カナダGPの決勝でスチュワードから破損したフロントウイングを修理するようピットインを強いられたのは、エステバン・オコン(アルピーヌ)がダメージを大げさに伝えたことにFIAが影響されたせいだと主張した。


 カナダGP決勝のオープニングラップで、マグヌッセンはルイス・ハミルトン(メルセデス)にターン3のアウト側から並びかけようとして接触。フロントウイングを破損したマグヌッセンには修復を指示するオレンジディスク(オレンジボール)旗が提示され、彼はピットインを余儀なくされた。


『RACER』によると、マグヌッセンはこの裁定について、FIAがオコンの無線に影響を受けたことによるものだと考えている。


 当時マグヌッセンの真後ろにいたオコンは、マグヌッセンのフロントウイングが「今にも脱落しそう」であり、パーツが飛んで顔に当たる危険性があるとチームとの無線で指摘していた。一方ハースの無線では、フロントウイングには「非常に小さなダメージ」がある程度で、影響は少ないという見解だった。

2022年F1第9戦カナダGP フロントウイングの右翼端板にダメージを負ったケビン・マグヌッセン(ハース)
2022年F1第9戦カナダGP フロントウイングの右翼端板にダメージを負ったケビン・マグヌッセン(ハース)


 映像では、マグヌッセンのフロントウイング翼端板が外側に曲がっていることが確認できる。しかしマグヌッセンは「フロントウイングに少し傷がついただけでピットインを命じられた」とレース後に振り返り、ダメージを大げさに伝えたオコンの無線がオレンジディスクの提示に繋がったとして、スチュワードの判断に不満をあらわにした。


「オコンと話していたんだけど、彼はFIAにひどい状態だと言ったと冗談を飛ばしていたよ」


「FIAに影響を与えられると分かっているなら、そうするのが普通だろう? それが彼のやったことだ。フェアプレーだ」


「でも、あの状態ならドライブさせてくれなきゃダメだよ。だって何ともなかったんだから」


 カナダGPの決勝を5番グリッドからスタートしたマグヌッセンは、このピットストップにより後退し17位でレースを終えている。

2022年F1第9戦カナダGP ケビン・マグヌッセン(ハース)
2022年F1第9戦カナダGP ケビン・マグヌッセン(ハース)

2022年F1第9戦カナダGP ケビン・マグヌッセン(ハース)/エステバン・オコン(アルピーヌ)
2022年F1第9戦カナダGP ケビン・マグヌッセン(ハース)/エステバン・オコン(アルピーヌ)



(autosport web)




レース

11/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン454
2位シャルル・ルクレール308
3位セルジオ・ペレス305
4位ジョージ・ラッセル275
5位カルロス・サインツ246
6位ルイス・ハミルトン240
7位ランド・ノリス122
8位エステバン・オコン92
9位フェルナンド・アロンソ81
10位バルテリ・ボッタス49

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング759
2位スクーデリア・フェラーリ554
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム515
4位BWTアルピーヌF1チーム173
5位マクラーレンF1チーム159
6位アルファロメオF1チーム・オーレン55
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム55
8位ハースF1チーム37
9位スクーデリア・アルファタウリ35
10位ウイリアムズ・レーシング8

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第19戦アメリカGP&第20戦メキシコGP 合併号