F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ペース不足、信頼性の問題、ダブルストップ中のトラブルに苦しんだマクラーレン。代表はドライバーに謝罪/F1第9戦

2022年6月22日

 マクラーレンF1チームのチーム代表であるアンドレアス・ザイドルは、ダニエル・リカルドとランド・ノリスに対する謝罪の言葉を語った。F1第9戦カナダGPの決勝レースで、ふたりの力量に相応しいパッケージを供給できなかったためだ。


 マクラーレンは、ポイントを加算できないままカナダを後にした。リカルドはトップ10入りを逃し11位、ノリスは15位という低いポジションでレースを終えた。


 予選で9番手を獲得し、決勝レースでもポイント圏内で持ちこたえていたリカルドだったが、バーチャルセーフティカー(VSC)の導入中にミディアムからハードタイヤに履き替える際、順位を12番手にまで落とし、そこからの巻き返しに苦戦。一方ノリスは14番手から決勝レースに臨んだものの、ダブルピットストップの際に、チームの不注意から2台ともピットで時間を取られてしまい、トップ10に絡むことができなかった。その後ピットレーンを高速で走ったとしてスチュワードから5秒のタイムペナルティを科されたノリスにとっては、まさに踏んだり蹴ったりと言えるだろう。


「我々にとっては非常に不本意なモントリオールでの日曜午後だった」とザイドルは認めた。


「全体的に厳しい週末となった。マシンはペースを欠き、信頼性に問題を抱え、バーチャルセーフティカーの時間帯にはダブルストップを実行中にオペレーション上の問題にも苦しんだ」


「今日は、ライバルたちのほうがいい仕事をした。だから我々がポイントを獲得できなかったという事実は、受け入れなければならない」


「ランドにもダニエルにも、彼らに相応しいパッケージを提供できなかった。そのことについては謝りたい。そしてまた、我々はこれを学びの機会とすべきだ。2週間後にシルバーストンで行われる我々のホームレースに、より強くなって戻るためにだ」

ランド・ノリス(マクラーレン)
2022年F1第9戦カナダGP ランド・ノリス(マクラーレン)


 落胆した様子のノリスは、カナダから持ち帰れるポジティブな材料はほとんどないと語った。


「すべてがうまくいかなかったと思う」とノリス。「ポジティブな材料もほとんどなかったしね」


「マシンもいい仕上がりではなかった。ときには強力な走りもできていたんだ。金曜日が終わった後には、もう少しいい結果が出せるのではないかと楽観していたけれど、ウイリアムズの後ろでにっちもさっちもいかなかった。彼らはおそらくストレートで一番速かったし、僕たちはストレートで一番遅かったと思う。それではオーバーテイクなど不可能だ。つまり、何もできなかったということだ」


「今日は速さがなかったということにつきる」とリカルドは話した。


「ペースを上げられずに苦戦していたんだ。それから、いくつかの問題にも取り組まざるを得なかった。プッシュもアタックもできなかったので、ポイント争いからもはるか遠くに取り残されてしまった」


「単純に、ペースの速いレースができなかったということだ。それと、(下位に低迷した原因として)少しだけ気温の問題もあった。それにも取り組んでいた」


「100%の力でプッシュできたら、トップ10争いにも加われていたかもしれないね。けれど、ひとたび気温やその他の問題に対処し始めたら、もう競争からは外れてしまう」


「もっといいレースがしたかったと思うよ。けれど、僕たちにはとにかく速さが欠けていたんだ」

ダニエル・リカルド(マクラーレン)
2022年F1第9戦カナダGP ダニエル・リカルド(マクラーレン)



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

11/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン454
2位シャルル・ルクレール308
3位セルジオ・ペレス305
4位ジョージ・ラッセル275
5位カルロス・サインツ246
6位ルイス・ハミルトン240
7位ランド・ノリス122
8位エステバン・オコン92
9位フェルナンド・アロンソ81
10位バルテリ・ボッタス49

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング759
2位スクーデリア・フェラーリ554
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム515
4位BWTアルピーヌF1チーム173
5位マクラーレンF1チーム159
6位アルファロメオF1チーム・オーレン55
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム55
8位ハースF1チーム37
9位スクーデリア・アルファタウリ35
10位ウイリアムズ・レーシング8

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第19戦アメリカGP&第20戦メキシコGP 合併号