F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ルクレールのリタイア原因はMGU-Hとターボの故障とフェラーリが発表「信頼性の問題によるものではない」/F1第6戦

2022年5月24日

 フェラーリは、シャルル・ルクレールがF1第6戦スペインGPをリタイアしたのは、ルクレールのパワーユニットのMGU-Hとターボの故障が原因だったと認めた。


 ルクレールはバルセロナで行われた2022年F1世界選手権第6戦で順調に首位を走行し、レースの前半では彼を追うドライバーたちに11秒の差をつけ、宿敵マックス・フェルスタッペン(レッドブル)が9周目にミスをしたことでアドバンテージを得ていた。


 しかし27周目にルクレールは突然パワーを失った。彼はなんとかマシンをフェラーリのガレージに戻すことができたが、救いようがないほどのエンジントラブルは、彼のレースが終わることを意味した。


 フェラーリは月曜日の朝、ルクレールのパワーユニットをマラネロで分解し、故障の原因を発見した。


「ルクレールのマシンのPUを調べたところ、ターボとMGU-Hが損傷しており、修理不能だと分かった」と月曜夜に発表された声明のなかでフェラーリは述べた。


「しかし故障とその原因を完全に分析した結果、これらふたつのコンポーネントやPUの他の要素の設計上または信頼性の問題によって発生したのではないことが分かり、満足している」


 フェラーリの調査結果と、トラブルが特定の設計上の欠陥に根ざすものではなかったという事実は、フェラーリのドライバーたちに安堵のため息をもたらすだろうし、モナコでの母国レースを数日後に控えたルクレールは特に安心しているだろう。現在ドライバーズ選手権でフェルスタッペンを6ポイント差で追う地元のヒーローであるルクレールは、2021年のレースを開始できなかった運命へのリベンジを望んでいる。


 大きな痛手となったリタイアまでは、ルクレールが週末を通してバルセロナで優勢だったことを考えると、彼は次週末のモンテカルロ市街地コースでの戦いを楽しみにしていることだろう。


「一番重要なことは全体的なパフォーマンスだと思うし、パフォーマンスに関して僕たちは非常によくやっている」とルクレールは日曜日に語った。


「だから来週地元に行くのが待ちきれないし、素晴らしい結果になることを願っている」


 バルセロナでルクレールは今シーズン2基目のパワーユニットを使用しているため、フェラーリは今週末のモナコGPのためにルクレールのハードウェアの予備に新たなコンポーネントを加えるか、彼の最初のPUで使われたコンポーネントに戻すことになる。

シャルル・ルクレール(フェラーリ)
2022年F1第6戦スペインGP シャルル・ルクレール(フェラーリ)



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

7/8(金) フリー走行1回目 20:30〜21:30
予選 24:00〜25:00
7/9(土) フリー走行2回目 19:30〜20:30
スプリント 23:30〜
7/10(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン181
2位セルジオ・ペレス147
3位シャルル・ルクレール138
4位カルロス・サインツ127
5位ジョージ・ラッセル111
6位ルイス・ハミルトン93
7位ランド・ノリス58
8位バルテリ・ボッタス46
9位エステバン・オコン39
10位フェルナンド・アロンソ28

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング328
2位スクーデリア・フェラーリ265
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム204
4位マクラーレンF1チーム73
5位BWTアルピーヌF1チーム67
6位アルファロメオF1チーム・オーレン51
7位スクーデリア・アルファタウリ27
8位ハースF1チーム20
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム18
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第11戦オーストリアGP 7/10
第12戦フランスGP 7/24
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
  • 最新刊
  • F1速報

    第8戦アゼルバイジャン、第9戦カナダGP合併号