F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

“ゼロ・サイドポッド”コンセプトを追求か断念か。岐路に立つメルセデスF1、フィルミングデーでアップデートの確認

2022年5月19日

 メルセデスF1チームが、F1第6戦スペインGPを前にした5月18日、フランスのポール・リカールでフィルミングデー走行を実施した。メルセデスは、スペインでW13に導入する予定のアップデートの確認を行い、データ収集をしたものと考えられている。


 今回の走行についてメルセデスは詳細は明かしていないが、当日はジョージ・ラッセルがW13のステアリングを握ったようだ。


 年間2日間認められているPR目的のフィルミングデーでは、走行距離は100kmに制限され、デモ走行用タイヤを使用しなければならない。今回のフィルミングデーはメルセデスにとって、2月に続く2回目に当たる。


 2022年のメルセデスは速さを発揮することができずに苦しんでおり、ここまでの5戦では大きな改善は見られていない。

2022年F1第5戦マイアミGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)
2022年F1第5戦マイアミGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)

「マイアミで収集したデータからバルセロナに向けての改善を図るべく、ファクトリーではハードワークが行われている」とトト・ウォルフ代表は、スペインGPを前に語った。


「バルセロナでは冬季テストで走行した。その時からマシンは大きく進化しているが、現在のマシンについての情報との比較を行うのに適した場所だ。それによって一歩前進できることに期待している」


 バルセロナでのプレシーズンテストでメルセデスは、現在の“ゼロ・サイドポッド”ではない仕様を走らせていた。シミュレーションでは、“ゼロ・サイドポッド”を最適な車高で走らせることができれば、初期仕様よりも高いパフォーマンスを発揮するという結果が出ているといわれる。しかし今のところメルセデスは、激しいポーパシングにより、車高を下げることができずにいる。


 スペインGPでは、プレシーズンテストで走らせた初期仕様のマシンと現行仕様とのデータ比較を行うことが可能になる。


『Sky Sports』は、スペインGPで学んだことが、今シーズン残りの方向性だけでなく、2023年のマシンコンセプトにも影響する可能性があるとしている。現行仕様を推し進めるべきであるという確信を得られるのか、断念せざるを得ないのか、方針を定めるうえで、スペインはメルセデスにとって極めて重要な週末になりそうだ。



(autosport web)




レース

11/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン454
2位シャルル・ルクレール308
3位セルジオ・ペレス305
4位ジョージ・ラッセル275
5位カルロス・サインツ246
6位ルイス・ハミルトン240
7位ランド・ノリス122
8位エステバン・オコン92
9位フェルナンド・アロンソ81
10位バルテリ・ボッタス49

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング759
2位スクーデリア・フェラーリ554
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム515
4位BWTアルピーヌF1チーム173
5位マクラーレンF1チーム159
6位アルファロメオF1チーム・オーレン55
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム55
8位ハースF1チーム37
9位スクーデリア・アルファタウリ35
10位ウイリアムズ・レーシング8

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第19戦アメリカGP&第20戦メキシコGP 合併号