F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ルクレール、ラウダのフェラーリF1でデモラン中にクラッシュ「モナコでまたも不運に見舞われた…」

2022年5月16日

 フェラーリのシャルル・ルクレールは、モナコ・ヒストリック・グランプリにおけるデモランでフェラーリ312B3で走行中にクラッシュを喫した。


 モンテカルロ市街地サーキットを舞台に行われるヒストリックカーレース、モナコ・ヒストリック・グランプリのイベントとして、故ニキ・ラウダが1974年に乗った312B3で走り、ファンを喜ばせていたルクレールだが、ラスカス・ヘアピンでリヤのコントロールを失い、ガードレールにリヤから突っ込み、ウイングを壊してしまった。

2022年モナコ・ヒストリック・グランプリ ニキ・ラウダのフェラーリ312B3-74でデモ走行を行ったシャルル・ルクレール(フェラーリ)
2022年モナコ・ヒストリック・グランプリ ニキ・ラウダのフェラーリ312B3-74でデモ走行を行ったシャルル・ルクレール(フェラーリ)

 ルクレールは、母国モナコでのグランプリでは好成績を残せずにおり、トラブルやクラッシュでのリタイアが続いている。


「モナコでは大きな不運を経験してきた。そして今回、フェラーリF1カーのなかでも最も有名な歴史的マシンのひとつに乗っている時に、ラスカスでブレーキを失った」とルクレールは自身のSNSを通してコメントしている。


 詳細についてルクレールは、「ブレーキを失った。ブレーキングしたら、ペダルが固くて、その後、フロアについてしまった」と説明した。


「あそこで起きたのはラッキーだった。他の場所だったらひどいことになっただろう。そう思うと怖くなった。コーナーに差し掛かるまでは通常どおりだった」


 フェラーリは、「シャルルはモナコ・ヒストリック・グランプリのショーランで素晴らしい時間を過ごし、ニキ・ラウダの312B3-74での走行を楽しんでいた。しかし最後のラップでブレーキトラブルが起きたことで走行を終了した」と述べている。



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

7/1(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/2(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/3(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン181
2位セルジオ・ペレス147
3位シャルル・ルクレール138
4位カルロス・サインツ127
5位ジョージ・ラッセル111
6位ルイス・ハミルトン93
7位ランド・ノリス58
8位バルテリ・ボッタス46
9位エステバン・オコン39
10位フェルナンド・アロンソ28

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング328
2位スクーデリア・フェラーリ265
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム204
4位マクラーレンF1チーム73
5位BWTアルピーヌF1チーム67
6位アルファロメオF1チーム・オーレン51
7位スクーデリア・アルファタウリ27
8位ハースF1チーム20
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム18
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第10戦イギリスGP 7/3
第11戦オーストリアGP 7/10
第12戦フランスGP 7/24
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
  • 最新刊
  • F1速報

    第7戦モナコGP号