F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【F1パワートレイン事情】開幕2戦のトップ争いに貢献。ホモロゲーション直前までPU開発を推し進めたHRC

2022年4月4日

 パワーユニット・マニュファクチャラーとしてのF1参戦は2021年限りで終了したホンダだが、2022年にレッドブル・パワーユニットの名前でコンストラクターとして登録されたパワーユニット(PU/エンジン)は、ホンダ・レーシング(HRC)が開発したものである。

 そのパワーユニットの開発を指揮したのは、2018年からホンダの技術開発研究所 HRD Sakuraでパワーユニット開発責任者を務めてきた浅木泰昭だ。F1参戦を終了したホンダが最後に開発したパワーユニットは、「E10」用のICE(内燃機関)開発だった。

 F1はすでに昨年からバイオ燃料であるエタノールが7.5パーセント添加されたガソリン使用してきたが、今年はそのエタノールの混合率が7.5パーセントから10パーセントへ引き上げられ、いわゆる「E10 (イー・テン)」と呼ばれるガソリンへ変更された。

…記事の続きは会員登録後閲覧できます。

※こちらの記事は一般&プレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録
※会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

11/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン454
2位シャルル・ルクレール308
3位セルジオ・ペレス305
4位ジョージ・ラッセル275
5位カルロス・サインツ246
6位ルイス・ハミルトン240
7位ランド・ノリス122
8位エステバン・オコン92
9位フェルナンド・アロンソ81
10位バルテリ・ボッタス49

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング759
2位スクーデリア・フェラーリ554
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム515
4位BWTアルピーヌF1チーム173
5位マクラーレンF1チーム159
6位アルファロメオF1チーム・オーレン55
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム55
8位ハースF1チーム37
9位スクーデリア・アルファタウリ35
10位ウイリアムズ・レーシング8

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第19戦アメリカGP&第20戦メキシコGP 合併号