F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

メルセデスF1、サウジアラビアGPではセットアップ改善作業に失敗。予選ではリヤグリップ不足がハミルトンに影響

2022年4月2日

 メルセデスは、F1第2戦サウジアラビアGPの予選でルイス・ハミルトンが早々に敗退したのは、W13のセットアップが“少し行き過ぎていた”ためだと弁明した。


 ハミルトンはジェッダにおいて、この5年間でも最悪の予選に苦しんだ。7度のF1世界チャンピオンである彼が予選Q1で敗退したのだ。ハミルトンはメルセデスチームに謝罪したが、トラックサイドエンジニアリングディレクターのアンドリュー・ショブリンは、チームがマシンセットアップの限界を押し上げる試みに失敗したことが原因だと認めた。


「基本的に我々は、シーズン終盤ほどまだマシンを理解していない。まだ2戦しかやっていないのだ」とショブリンは、メルセデスのYouTubeチャンネルのサウジアラビアGP解説動画で語った。


「我々はセットアップについて常にルイスと模索し、パフォーマンスを発揮できる方向性を見つけようとしている。金曜日から土曜日にかけて良い方向性が見つかり、彼はフリー走行3回目にそれを試すことができた」


「予選セッションに向けてその方向へかなり進めていったが、結局最初からやりすぎてしまった。リヤのグリップが欠けていた」

ルイス・ハミルトン(メルセデス)
2022年F1第2戦サウジアラビアGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)


 ショブリンは、ジェッダのようなミスが許されないコースにおいて、ドライバーがグリップの低さに対処していたことで二次的な影響が出たことを強調した。


「ジェッダはストリートサーキットなので、しっかり自信を持つことが必要だ。超高速のコースであり、ウォールは非常に近くにある。リヤのグリップがないとドライバーは自信を持てない」とショブリンは付け加えた。


「結局我々は少し先に行き過ぎたが、有用な学びの場になった」


 メルセデスのW13に影響を与えているひどいポーパシングの問題は、これまでマシンのパフォーマンスを発揮する妨げとなっている。ショブリンは、メルセデスが問題を解決するまで、パフォーマンス不振が普通のことになり得ると予測した。


「基本的に現在の問題は、マシンに十分な速さがないということにある。速さを完璧にしなければ、予選セッションでリスクにさらされるだろう」


「できるだけ早く、より速いマシンを作る必要がある」

ルイス・ハミルトン(メルセデス)&ケビン・マグヌッセン(ハース)
2022年F1第2戦サウジアラビアGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)&ケビン・マグヌッセン(ハース)



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

7/29(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/30(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/31(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン258
2位シャルル・ルクレール178
3位セルジオ・ペレス173
4位ジョージ・ラッセル158
5位カルロス・サインツ156
6位ルイス・ハミルトン146
7位ランド・ノリス76
8位エステバン・オコン58
9位バルテリ・ボッタス46
10位フェルナンド・アロンソ41

チームランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング431
2位スクーデリア・フェラーリ334
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム304
4位BWTアルピーヌF1チーム99
5位マクラーレンF1チーム95
6位アルファロメオF1チーム・オーレン51
7位ハースF1チーム34
8位スクーデリア・アルファタウリ27
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム20
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第10戦イギリスGP & 第11戦 オーストリアGP合併号