F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ラッセル、ジェッダではレッドブルとフェラーリに対して1周あたり1秒の遅れがあったと語る。ダウンフォース不足も指摘

2022年4月1日

 メルセデスのジョージ・ラッセルは、F1第2戦サウジアラビアGPでの自身の結果を元にすると、現在メルセデスはライバルのレッドブルとフェラーリに1周あたり1秒遅れをとっていると考えている。


 メルセデスは、2022年型マシン『W13』のペースを落とすことに繋がるポーパシングの頻発とダウンフォース不足の問題に今も悩まされている。マシンに内在する問題のせいでチームは劣勢にあり、相対的なパフォーマンスの点でレッドブルとフェラーリからかなり離されている。


 サウジアラビアでは7度の世界チャンピオンであるルイス・ハミルトンが予選で16番手となり、レースでは大差をつけられて10位でフィニッシュし、メルセデスにおける最悪のレースウイークに苦しんだ。


 ラッセルが5位に入賞したことはチームにとっていくらかの慰めになったが、彼はW13の改善に向けた進捗があまりにも遅いという事実を隠さなかった。


「バランスを最大化できたと思う」とジェッダでラッセルは語った。


「自分たちに何が欠けているかは分かっている。それは結局のところダウンフォースだ」


「僕個人としてはパフォーマンスにはとても満足していた。うまく管理できていたし、特にリスタートの後はレッドブル勢についていけるようベストを尽くした。DRSゾーン内にとどまるように全力を尽くしたよ」

ジョージ・ラッセル(メルセデス)
2022年F1第2戦サウジアラビアGP ジョージ・ラッセル(メルセデス)


 ラッセルは、メルセデスのマシンはレース仕様では良くなるようだと考えている。


「レースペースでは、予選ペースの時よりもハンドリングがうまくできると思う。でも燃料の多さと少なさによる固有の問題がまだあって、そのせいで妥協しなければならない」


「結果を見ると僕たちは30秒遅れでフィニッシュした。セーフティカーの後はおそらく30周だったから、1周あたり1秒だ。予選でもそれくらい遅れをとっている」


 メルセデスはマシンデザインの問題に加え、パワーユニット(PU)についてもライバルたちに遅れをとっているように見える。この弱点によって、チームはより上のレベルで走行することができなくなっている。


 サウジアラビアGPのスピードトラップの測定値によると、メルセデスのPUを搭載したマシンが下位に集中していたという説得力のある話があるものの、チーム代表のトト・ウォルフはこれまでのところ、メルセデスのPUに競争力がないことを強く否定してきた。


 ウォルフはチームの力不足について語るなかで、マシンの最も弱い領域を特定したり、エンジニアリング部門に責任を転嫁することを拒否した。


「マシンの個々の部分について指摘しないでいることが、今は重要だと思う」とウォルフは述べた。


「我々はチームとして仕事をしている。全体としては、エンジンの弱さよりも大きな欠点があると考えている」


「こうした分野のいずれかで我々はトップチームに入っているだろうか? 私はそうは思わない。だがこのエンジンが、我々が8年連続でチャンピオンシップを制する助けになったことは覚えておく必要がある」


「これからは全員が互いにしっかり向き合い、我々の強みをすべて出し尽くしてこの混乱から抜け出さなければならない」

ジョージ・ラッセル(メルセデス)
2022年F1第2戦サウジアラビアGP ジョージ・ラッセル(メルセデス)



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

11/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン454
2位シャルル・ルクレール308
3位セルジオ・ペレス305
4位ジョージ・ラッセル275
5位カルロス・サインツ246
6位ルイス・ハミルトン240
7位ランド・ノリス122
8位エステバン・オコン92
9位フェルナンド・アロンソ81
10位バルテリ・ボッタス49

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング759
2位スクーデリア・フェラーリ554
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム515
4位BWTアルピーヌF1チーム173
5位マクラーレンF1チーム159
6位アルファロメオF1チーム・オーレン55
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム55
8位ハースF1チーム37
9位スクーデリア・アルファタウリ35
10位ウイリアムズ・レーシング8

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第19戦アメリカGP&第20戦メキシコGP 合併号