F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

「左コーナーで腸の内側を刺されているような感触があった」レース終盤に激しい腹痛に見舞われたガスリー/F1第2戦

2022年3月29日

 アルファタウリのピエール・ガスリーは、F1第2戦サウジアラビアGP決勝の終盤でひどい腹痛に襲われ、苦しみのあまり“叫んでいた”と述べている。


 ガスリーはフィニッシュラインを8位で通過し、今シーズン初のポイントを獲得したが、彼にとってレースの終わりはなかなか近づいてこなかったようだ。


「最後の5周はなんとか乗り切った」とガスリーは説明した。


「ひどい痛みがあって、最後まで残りの周回数を数えていたよ。だからレースを8位でフィニッシュできたことを喜んでいる」


 ガスリーによると、痛みの激しさはブレーキング中と左コーナーでピークに達したという。


「左コーナーのたびに、腸の内側を刺されているような感触があって、いいものではなかった」


「僕のキャリアのなかで一番痛みを感じた最後の15周だった。腸に何が起きたのか分からないが、走行中は死にかけていた。痛くて叫んでいたよ」


 苦痛はあったものの、ガスリーはジェッダでの自身のレース展開に全体的に満足していた。チームメイトの角田裕毅がパワーユニットのトラブルでレースをスタートすることすらできなかったため、アルファタウリは1台体制で決勝レースを戦ったのだ。


 レース序盤に首位に立っていたセルジオ・ペレス(レッドブル)と同様に、ガスリーも最初のセーフティカー導入の直前にピットインしたため、14番手まで順位を落としたが、トップ10圏内まで盛り返した。


「ピットストップのタイミングは本当についていなかった」とガスリーは語った。


「ピットストップをして、文字通りピットから出てきた時に、セーフティカーが来るのを見たんだ。僕はその後14番手まで落ちたけれど、8位まで戻ることができた。だから喜べるし、運がよかったよ」

ピエール・ガスリー(アルファタウリ)
2022年F1第2戦サウジアラビアGP 15周目にピットストップを行ったピエール・ガスリー(アルファタウリ)



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

7/29(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/30(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/31(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン258
2位シャルル・ルクレール178
3位セルジオ・ペレス173
4位ジョージ・ラッセル158
5位カルロス・サインツ156
6位ルイス・ハミルトン146
7位ランド・ノリス76
8位エステバン・オコン58
9位バルテリ・ボッタス46
10位フェルナンド・アロンソ41

チームランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング431
2位スクーデリア・フェラーリ334
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム304
4位BWTアルピーヌF1チーム99
5位マクラーレンF1チーム95
6位アルファロメオF1チーム・オーレン51
7位ハースF1チーム34
8位スクーデリア・アルファタウリ27
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム20
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第10戦イギリスGP & 第11戦 オーストリアGP合併号