F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1規則変更について混乱。フェラーリ、2021年型車でのテストを断念、2018年型SF71Hに急きょ切り替え

2022年1月26日

 スクーデリア・フェラーリは、自身が所有するフィオラノのテストトラックで、2022年F1シーズンに向けた準備として、2021年型SF21でのテストを1月25日から4日間にわたって行うことを明らかにしていたが、当日になってテストプログラムの変更を発表した。レギュレーションについて曖昧な部分があるため、マシンを2018年型車SF71Hに変更するという。


 F1スポーティングレギュレーションの「以前の車両のテスト(TPC)」の項目には、「現選手権に先行するカレンダー年の直前の3カレンダー年のいずれかのF1技術規則に適合するよう設計・製造された車両を用いる」と定められている。つまり、2年から4年前のマシンを使用しなければならないということになる。これは、最新型に近い旧型マシンでテストを行い、アドバンテージを得ることを防ぐための規定だ。


 しかし、2022年の技術レギュレーションが大幅に変わり、昨年までとは全く異なるマシンが登場することから、スポーツ諮問委員会での投票により、今年については、「以前の車両のテスト(TPC)」について2021年型の使用を認めることで合意していた。


 フェラーリはこれが2022年競技レギュレーションに盛り込まれたものと考え、今週のテストに2021年型マシンを持ち込むことを決めた。しかしFIAが発表している最新バージョンのレギュレーションでは修正が行われておらず、直前になって、FIAから派遣されたオブザーバーからSF21での走行にストップがかけられたという。

シャルル・ルクレール(フェラーリ)
2021年F1第9戦オーストリアGP シャルル・ルクレール(フェラーリ)

 25日にフェラーリは次のような声明を発表している。


「スクーデリア・フェラーリが本日からフィオラノ・サーキットで行う予定だったテストだが、今朝、そのテストプログラムが変更になった」


「この種のテストで使用できるマシンの基準を定める『以前の車両のテスト』に関連する規定が2022年にはどのように適用されるのかについて、FIAからの最新情報を待つ間、2018型SF71Hを使用するという決定を下した」


「テストプログラムについての詳細は追って報告する」


 当初の予定では、テストドライバーであるロバート・シュワルツマンが火曜と金曜、レギュラードライバーのシャルル・ルクレールが水曜、カルロス・サインツが木曜に走行を行うことが決まっていた。



(Grandprix.com/autosport web)




レース

5/20(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
5/21(土) フリー走行3回目 20:00〜21:00
予選 23:00〜
5/22(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※マイアミGP終了時点
1位シャルル・ルクレール104
2位マックス・フェルスタッペン85
3位セルジオ・ペレス66
4位ジョージ・ラッセル59
5位カルロス・サインツ53
6位ルイス・ハミルトン36
7位ランド・ノリス35
8位バルテリ・ボッタス30
9位エステバン・オコン24
10位ケビン・マグヌッセン15

チームランキング

※マイアミGP終了時点
1位スクーデリア・フェラーリ157
2位オラクル・レッドブル・レーシング151
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム95
4位マクラーレンF1チーム46
5位アルファロメオF1チーム・オーレン31
6位BWTアルピーヌF1チーム26
7位スクーデリア・アルファタウリ16
8位ハースF1チーム15
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム6
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第6戦スペインGP 5/22
第7戦モナコGP 5/29
第8戦アゼルバイジャンGP 6/12
第9戦カナダGP 6/19
第10戦イギリスGP 7/3
  • 最新刊
  • F1速報

    第4戦エミリア・ロマーニャGP号