F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

リカルド「もしノリスがF1参戦1年目だったら、僕のプライドは少し傷ついていたかもしれない」

2022年1月21日

 2021年シーズン、マクラーレンに移籍したダニエル・リカルドは、チームメイトであるランド・ノリスを上回る成績を残せず、苦労のシーズンを過ごした。しかし彼はノリスに敗れてもプライドは傷つかなかったと、シーズン終了後のインタビューで語った。


 2年間在籍したルノー(現アルピーヌ)を離れ、2021年はマクラーレンでの初めてのシーズンを過ごしたリカルド。第14戦イタリアGPではレッドブル時代の2018年以来の優勝を果たしたものの、シーズン全体の成績では同僚である若手のランド・ノリスに及ばなかった。


 全22戦のうち、リカルドは予選決勝ともに15戦でノリスの後塵を拝することとなった。もちろん獲得ポイントに関しても状況は同じで、160ポイントを獲得したノリスに対し、リカルドは115ポイントにとどまった。


 この成績は、年間ランキング3位に輝いた経験もあるベテランとしては不本意なものに見える。しかし『GP Fans』によるとリカルド自身は、ノリスに敗れたことは当然であり、自分のプライドを傷つけるようなものではなかったと、シーズン終了後のインタビューで語った。


「もし彼(ノリス)がF1参戦1年目で、いきなり今のようなことをやっていたら、僕のプライドは少し傷ついていたかもしれない」


「でも、彼はこのチームに溶け込んでいて、チームのことをよく知っているんだ」


 マクラーレンに新加入したリカルドに対し、ノリスは2019年のデビュー以来同チームで戦っている。チームやマシンに対する理解度が高いノリスに敗れたとしても、それはリカルドにとって受け入れられる結果だった。


 また、数々のチームを渡り歩いてきたリカルドからノリスも学ぶことがあり、ふたりは互いの経験を吸収しながらシーズンを過ごしたという。


「彼が速かったときでさえ、彼は僕からいくつかのことを学んでいるんだ」


「半々とは言い難いけどね。ドライビングの面では、僕の方が彼から多くを学んだと思う」



(autosport web)




レース

5/20(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 24:00〜25:00
5/21(土) フリー走行3回目 20:00〜21:00
予選 23:00〜
5/22(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※マイアミGP終了時点
1位シャルル・ルクレール104
2位マックス・フェルスタッペン85
3位セルジオ・ペレス66
4位ジョージ・ラッセル59
5位カルロス・サインツ53
6位ルイス・ハミルトン36
7位ランド・ノリス35
8位バルテリ・ボッタス30
9位エステバン・オコン24
10位ケビン・マグヌッセン15

チームランキング

※マイアミGP終了時点
1位スクーデリア・フェラーリ157
2位オラクル・レッドブル・レーシング151
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム95
4位マクラーレンF1チーム46
5位アルファロメオF1チーム・オーレン31
6位BWTアルピーヌF1チーム26
7位スクーデリア・アルファタウリ16
8位ハースF1チーム15
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム6
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第6戦スペインGP 5/22
第7戦モナコGP 5/29
第8戦アゼルバイジャンGP 6/12
第9戦カナダGP 6/19
第10戦イギリスGP 7/3
  • 最新刊
  • F1速報

    第4戦エミリア・ロマーニャGP号