F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ラティフィ「パンクが起きた時には何の前兆もなかったので、戦略を変えられなかった」:ウイリアムズ F1第20戦決勝

2021年11月23日

 2021年F1第20戦カタールGPの決勝レースが行われ、ウイリアムズのジョージ・ラッセルは17位、ニコラス・ラティフィはリタイアでレースを終えた。


 ラッセルとラティフィはレース後半に相次いで左フロントタイヤのパンクに見舞われた。ラッセルはパンク直後にピットインできたものの、ラティフィはピットレーンの入り口を過ぎていたため、パンクしたタイヤで1周走ることを強いられたが、最終的にはコースサイドにマシンを止めた。


■ウイリアムズ・レーシング
ジョージ・ラッセル 決勝=17位

ジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)
2021年F1第20戦カタールGP デビット・ベッカム&ジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)

 アグレッシブな戦略を選び、最後のスティントをできるだけ長く延ばそうとトライした。このサーキットには高速の右コーナーがいくつかあって、タイヤが限界まで酷使されるのは分かっていたが、アルファロメオ勢と戦うにはアグレッシブに行くしかなかった。


 残念なことに、あと残り数周というところで左フロントタイヤがパンクしてしまった。まあ、攻めた結果なので仕方がない。あのような形でレースを終えたのは残念だけど、結果的には得たものがないと同時に失ったものもなかった。僕らの直接的なライバル(アルファロメオ)もポイントを獲れなかったからだ。


■ウイリアムズ・レーシング
ニコラス・ラティフィ 決勝=リタイア(50周)

ニコラス・ラティフィ(ウイリアムズ)
2021年F1第20戦カタールGP ニコラス・ラティフィ(ウイリアムズ)

 タイヤの面でギリギリになることを承知の上で、1ストップを機能させようと試みた。それも戦略的判断として、何とかマネージメントできると思ったんだ。


 予想外だったのは、パンクが起きた時には何の前兆もなかったことで、そのために、残念ながらタイヤがダメになる前に戦略をスイッチすることができなかった。ジョージ(・ラッセル)がピットインを強いられた後も、僕はまだその時履いていたタイヤセットでレースを走りきれると思っていた。フィーリングには何の問題もなかったからだ。


 全体として、あの戦略にはリスクを冒すだけの価値があったと思っている。アルファロメオ勢に対してトラックポジションを失った後、逆転するために他にできることはなかったんだ。このサーキットではクルマのフィーリングが本当に良かっただけに、思いどおりのレースにならなくて残念だ。でも、まあ、時にはこういうこともあるさ。



(autosport web Translation:Kenji Mizugaki)




レース

11/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン454
2位シャルル・ルクレール308
3位セルジオ・ペレス305
4位ジョージ・ラッセル275
5位カルロス・サインツ246
6位ルイス・ハミルトン240
7位ランド・ノリス122
8位エステバン・オコン92
9位フェルナンド・アロンソ81
10位バルテリ・ボッタス49

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング759
2位スクーデリア・フェラーリ554
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム515
4位BWTアルピーヌF1チーム173
5位マクラーレンF1チーム159
6位アルファロメオF1チーム・オーレン55
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム55
8位ハースF1チーム37
9位スクーデリア・アルファタウリ35
10位ウイリアムズ・レーシング8

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第19戦アメリカGP&第20戦メキシコGP 合併号