F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

レッドブル・ホンダのペレス、追い越し時の違反で表彰台失う「指示なくペナルティが出た」と代表/F1第14戦

2021年9月13日

 2021年F1イタリアGP決勝で、レッドブル・ホンダのセルジオ・ペレスは5位を獲得した。


 ペレスは8番グリッドからミディアムタイヤでスタート、マックス・フェルスタッペンとルイス・ハミルトンのアクシデントでセーフティカーが出動した際にハードタイヤに交換し、4番手で復帰した。しかしシャルル・ルクレール(フェラーリ)を抜いて3番手に上がった際にターン5でコース外を走ったことで、「継続するアドバンテージを得た」と判断され、5秒のタイムペナルティとペナルティポイント1を科された。ペレスは3番手でフィニッシュした後、タイム加算で5位に降格された。


 クリスチャン・ホーナー代表は、ペレスのペナルティについて次のようにコメントした。
「チェコは非常に不運だった。レース運営側からポジションを戻すようにという指示がなかったため、難しい状況だった。そのまま走り続けるかどうかの決断を下さなければならず、続けることにした。その後、チェコはペナルティを受けたのだ」

2021年F1第14戦イタリアGP セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)
2021年F1第14戦イタリアGP セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)

■レッドブル・レーシング・ホンダ
セルジオ・ペレス 決勝=5位
 波乱に満ちたレースだった。表彰台を逃したのは本当に残念だ。


 ペナルティについては、もっと広い視野で見てほしかった。僕はシャルルの前に出ており、あれは僕のコーナーだったんだ。でも仕方ないから、挽回に努めた。


 僕たちとしては、チームとして可能なベストのレースをした。ただ、前のマシンについていくのがすごく難しく、オーバーテイクができなかった。マクラーレンは本当に速くて、倒すことは困難だった。今週末の彼らは堅実な仕事をしたね。特にストレートが速くて、ついていくのが難しかったし、トラクションも強力だった。そのため、僕は一度も彼らを脅かすことができなかった。


 ここは僕たちが得意とするコースではなく、それほど強くなかった。次のロシアに期待しよう。シーズンにはまだ長い道のりが残っている。



(autosport web)




レース

10/8(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/9(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
10/10(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※トルコGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン262.5
2位ルイス・ハミルトン256.5
3位バルテリ・ボッタス177
4位ランド・ノリス145
5位セルジオ・ペレス135
6位カルロス・サインツJr.116.5
7位シャルル・ルクレール116
8位ダニエル・リカルド95
9位ピエール・ガスリー74
10位フェルナンド・アロンソ58

チームランキング

※トルコGP終了時点
1位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム433.5
2位レッドブル・レーシング・ホンダ397.5
3位マクラーレンF1チーム240
4位スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウ232.5
5位アルピーヌF1チーム104
6位スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ92
7位アストンマーティン・コグニザント・フォーミュラワン・チーム61
8位ウイリアムズ・レーシング23
9位アルファロメオ・レーシング・オーレン7
10位ウラルカリ・ハースF1チーム0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第16戦トルコGP 10/10
第17戦アメリカGP 10/24
第18戦メキシコGP 11/7
第19戦ブラジルGP 11/14
第20戦カタールGP 11/21
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年F1第15戦 ロシアGP号