F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ラティフィ「不運なタイミングでのSCがなければ入賞圏内を走れたはず」:ウイリアムズ F1第14戦決勝

2021年9月14日

 2021年F1第14戦イタリアGPの決勝レースが行われ、ウイリアムズのニコラス・ラティフィは11位でレースを終えた。


■ウイリアムズ・レーシング
ニコラス・ラティフィ 決勝=11位
 とてもタフだが、ポジティブなレースだった。11位でのフィニッシュはうれしいものではないけれど、今日のパフォーマンスには満足している。ここは僕があまり得意としていないコースのひとつなんだ。


 セーフティーカーのタイミングについてはアンラッキーで、そこでジョージ(・ラッセル)に抜かれてしまったし、エステバン(・オコン)のクルマはこちらより速くて、タイヤもフレッシュだった。もしセーフティーカーが出なければ、ポイント圏内を走れたと思う。それまではとても順調だったから、彼らに抜かれる前の位置にとどまれたはずなんだ。


 全体として、チームにとってはいい結果だった。ポイントを争うようなポジションにいられるとは思っていなかったからね。

ニコラス・ラティフィ(ウイリアムズ)
2021年F1第14戦イタリアGP ニコラス・ラティフィ(ウイリアムズ)



(autosport web)




レース

9/30(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/1(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
10/2(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※シンガポールGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン341
2位シャルル・ルクレール237
3位セルジオ・ペレス235
4位ジョージ・ラッセル203
5位カルロス・サインツ202
6位ルイス・ハミルトン170
7位ランド・ノリス100
8位エステバン・オコン66
9位フェルナンド・アロンソ59
10位バルテリ・ボッタス46

チームランキング

※シンガポールGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング576
2位スクーデリア・フェラーリ439
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム373
4位マクラーレンF1チーム129
5位BWTアルピーヌF1チーム125
6位アルファロメオF1チーム・オーレン52
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム37
8位ハースF1チーム34
9位スクーデリア・アルファタウリ34
10位ウイリアムズ・レーシング6

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第17戦シンガポールGP 10/2
第18戦日本GP 10/9
第19戦アメリカGP 10/23
第20戦メキシコGP 10/30
第21戦ブラジルGP 11/13
  • 最新刊
  • F1速報

    第16戦 イタリアGP号