F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ホンダPUの進歩に驚き。ハミルトン、フェルスタッペンの“ロケットスタート”に「文字どおり何もできなかった」

2021年9月8日

 メルセデスのルイス・ハミルトンは、9月5日(日)に行われたF1第13戦オランダGP決勝のスタートでマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)が見せた猛烈なダッシュについて、ホンダのパワーユニット(PU)が著しく強化されたしるしだと考えている。


 完璧なスタートを決めたフェルスタッペンは、最大のライバルであるハミルトンを1コーナーまでのあいだで楽に振り切ると、その後も一方的にリードを広げていった。ハミルトン自身も相応に良いスタートを切れたものの、ライバルの勢いには抗えなかったという。


「スタートした瞬間の彼はまるでロケットだったよ。すぐにいなくなってしまった」とハミルトンは語った。


「僕たちは文字どおり何もできなかった。彼らは今年、エンジンで大きな進歩を遂げたんだ」


「昨年、彼らのスタートは非常に素晴らしいとまでは言えなかった。パワーが増強したのは明らかだ。今年のパワーユニットは、あらゆる側面で大幅に改良されたのだと思う。必然的に、ドライバビリティやスタートにも(その効果が表れる)……今年は彼らが全体でも最速のスターターだ」


「つまり僕たちとしてはさまざまな領域でやるべき仕事がある、ということだね」

2021年F1第13線オランダGP スタートシーン
2021年F1第13線オランダGP スタートシーン


 ハミルトンは、レッドブルのエンジン強化に加えて、スパ・フランコルシャンで2021年型マシン『RB16B』に施されたアップグレードの効果にも言及した。第12戦ベルギーGP決勝は豪雨による短縮開催となったため、彼らにその力量を示すチャンスがなかったのだという。


 これに呼応してハミルトンは自身のマシンもアップデートするよう求めたが、すでに開発リソースの大部分を重要な2022年型マシンに転換させたと伝えられるメルセデスには、その要望も聞き流されてしまうかもしれない。


「彼らは本当に速かった」とハミルトン。「今年全体を通してみても一番速かったんじゃないかな」


「彼らは前のレースでマシンにアップグレードを施した。この日曜日、僕たちは改善の成果を目の当たりにしたんだ。僕たちも仕事をしなければ。彼らに対抗できるだけの何かをする必要がある」


 7度の世界王者は、低ダウンフォースのコースであるモンツァでなら、メルセデスにもレッドブルに食い下がるチャンスがあると考えている。


「ダウンフォースが低いから、もう少し接近できるんじゃないかな。おそらくね。だけど……そうだな、厳しい戦いにはなるはずだ」

ルイス・ハミルトン(メルセデス)
2021年F1第13戦オランダGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)

2021年F1第13戦オランダGP表彰台 優勝したマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)と2位ルイス・ハミルトン(メルセデス)



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

7/29(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/30(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/31(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン258
2位シャルル・ルクレール178
3位セルジオ・ペレス173
4位ジョージ・ラッセル158
5位カルロス・サインツ156
6位ルイス・ハミルトン146
7位ランド・ノリス76
8位エステバン・オコン58
9位バルテリ・ボッタス46
10位フェルナンド・アロンソ41

チームランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング431
2位スクーデリア・フェラーリ334
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム304
4位BWTアルピーヌF1チーム99
5位マクラーレンF1チーム95
6位アルファロメオF1チーム・オーレン51
7位ハースF1チーム34
8位スクーデリア・アルファタウリ27
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム20
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第10戦イギリスGP & 第11戦 オーストリアGP合併号