F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1技術解説イギリスGP(3)積極的な開発続けるレッドブルの少し不可解な新パーツ

2021年7月30日

 2021年F1第10戦イギリスGPで各チームが走らせたマシンを、F1i.comの技術分野を担当するニコラス・カルペンティエルが観察、印象に残った点について解説する。今回は、レッドブルのアップグレードを取り上げる。


────────────────────────────────


 メルセデスに比べればずっと目立たない形ではあったが、レッドブルもイギリスGPでマックス・フェルスタッペンのマシンに新たな空力仕様を導入した(セルジオ・ペレスは基本的に、1レース遅れて改良型の恩恵を受けている)。


 今回のアップデートは、リヤタイヤに近い位置のフロアエッジに施された階段状に積み上がった3枚のフラップだ(黄色矢印参照)。その形状からすると、サイドポッド脇を通過する気流を外側から上方へと導く整流効果を意図しているように見える。しかし同時に、フロア下の気流も吸い出され、逆にフロア下の負圧が下がってしまうように感じるのは素人考えすぎるだろうか。

レッドブルRB16Bのフロア比較
レッドブルRB16Bのフロア比較

 レッドブルの空力部門の責任者だったダン・ファローズにその真意をぜひ訊いてみたいところだが、ダンはアストンマーティンに引き抜かれ、現在ガーデニング休暇という名の軟禁状態中にある。


 ちなみにレッドブルにとっては、これがこの8戦のなかで7つ目のアップデートとなる。シーズン中の改良版投入に消極的なメルセデスとは対照的に、来季の開発は大丈夫かと心配になるほどRB16Bの改良に精力を傾けている。


 これまで明らかになっただけでも、第3戦ポルトガルでフロア、バージボード、ブレーキダクト、第4戦スペインで再びブレーキダクト、第5戦モナコでフロントウイング、ディフューザー、第6戦アゼルバイジャンで前後のウイング、オーストリア2連戦では初戦でディフューザー、2戦目にフロントウイング、サイドポッド脇のデフレクターと、まさに休むことを知らない。


 この7年間、タイトルを独占し続けてきたメルセデスの牙城を崩す最大のチャンスがやってきたと、彼らは覚悟を決めているのだろう。



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

10/22(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/23(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
10/24(日) 決勝 翌4:00〜


ドライバーズランキング

※トルコGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン262.5
2位ルイス・ハミルトン256.5
3位バルテリ・ボッタス177
4位ランド・ノリス145
5位セルジオ・ペレス135
6位カルロス・サインツJr.116.5
7位シャルル・ルクレール116
8位ダニエル・リカルド95
9位ピエール・ガスリー74
10位フェルナンド・アロンソ58

チームランキング

※トルコGP終了時点
1位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム433.5
2位レッドブル・レーシング・ホンダ397.5
3位マクラーレンF1チーム240
4位スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウ232.5
5位アルピーヌF1チーム104
6位スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ92
7位アストンマーティン・コグニザント・フォーミュラワン・チーム61
8位ウイリアムズ・レーシング23
9位アルファロメオ・レーシング・オーレン7
10位ウラルカリ・ハースF1チーム0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第17戦アメリカGP 10/24
第18戦メキシコGP 11/7
第19戦ブラジルGP 11/14
第20戦カタールGP 11/21
第21戦サウジアラビアGP 12/5
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年F1第15戦 ロシアGP号