F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【有料記事】ペイドライバーからの脱却を目指すウイリアムズ「2022年は可能な限り最速のドライバーと契約」

2021年7月29日

 ウイリアムズが、ポーランドの石油会社PKNオーレンの多大な支援があったにもかかわらず、2019年シーズンを辛うじてしのいだのは秘密でもなんでもない。その後はロキット社と契約したが、同社が資金をもたらすことはなく、訴訟沙汰となった。それによりクレア・ウイリアムズ率いる経営陣は追い詰められ、彼女はチームをドリルトン・キャピタルに売却せざるを得なくなった。1977年に始まった彼女の父フランクの美しい物語に終止符を打ったのだ。

 フランクがもはやチーム運営をできなくなると、ウイリアムズ家には流動性とビジョンが欠けていた。ドリルトン・キャピタルは過去4、5年にわたってチームの障害となっていた多くの問題を引き継いだが、たった1年のうちに彼らは素晴らしい仕事をしたと言わなければならないだろう。チームがレース界での経歴を持つリーダーを必要としていることを理解したドリルトン・キャピタルは、ヨースト・カピートを引退生活から戻るよう納得させた。カピートはすぐに技術部門に強力なリーダーが必要であると気づき、フォルクスワーゲン・モータースポーツで彼の同僚だったフランソワ-グザビエ・ドゥメゾンを雇い、新テクニカルディレクターに就任させた。そのすぐ後には、やはりフォルクスワーゲン出身のウィリー・ランプが、コンサルタントとして30年以上の経験を持ち込んだ。ともに彼らは、ウイリアムズFW43の開発に大きな投資を行うことなく、グリッドで2番目に遅いマシンを、大きな才能を持つジョージ・ラッセルの手によってQ3に進出できるマシンに変貌させたのだ。

…記事の続きは会員登録後閲覧できます。

※こちらの記事は一般&プレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録
※会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

11/19(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/20(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/21(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※カタールGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン351.5
2位ルイス・ハミルトン343.5
3位バルテリ・ボッタス203
4位セルジオ・ペレス190
5位ランド・ノリス153
6位シャルル・ルクレール152
7位カルロス・サインツJr.145.5
8位ダニエル・リカルド105
9位ピエール・ガスリー92
10位フェルナンド・アロンソ77

チームランキング

※カタールGP終了時点
1位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム546.5
2位レッドブル・レーシング・ホンダ541.5
3位スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウ297.5
4位マクラーレンF1チーム258
5位アルピーヌF1チーム137
6位スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ112
7位アストンマーティン・コグニザント・フォーミュラワン・チーム77
8位ウイリアムズ・レーシング23
9位アルファロメオ・レーシング・オーレン11
10位ウラルカリ・ハースF1チーム0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第13戦オランダGP 9/5
第14戦イタリアGP 9/12
第15戦ロシアGP 9/26
第16戦トルコGP 10/10
第17戦アメリカGP 10/24
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年F1第18戦 メキシコGP号