F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1技術解説イギリスGP(2)メルセデスのアップデート、レッドブル追い落としには不十分か

2021年7月29日

 2021年F1第10戦イギリスGPで各チームが走らせたマシンを、F1i.comの技術分野を担当するニコラス・カルペンティエルが観察、印象に残った点について解説する。今回は、メルセデスのアップグレードの効果について検証する。


────────────────────────────────


 メルセデスがイギリスGPに導入したアップデートが、効果を上げたことは間違いない。フロアとディフューザーにより多くの仕事をさせる方向で、空力効率を上げる。その目論見は、かなりうまくいったと言っていいだろう。その結果シルバーストンではリヤウイングをより寝かせることができ、ドラッグを減らせていた(黄色矢印参照)。実際イギリスGPでは最高速も、レッドブルを上回っていた。


 とはいえ今回のアップデートは、レッドブル追い落としに十分なものといえるだろうか。リヤウイングに関していえば、W12のそれはレッドブルのRB16Bほど薄いものではない。できるだけ彼らに近づけようと、ルイス・ハミルトン車ではガーニーフラップが外されていた。同じ試みは、マックス・フェルスタッペン車でも見ることができた。両チームともに、チームメイトはガーニーフラップをつけて、より多くのダウンフォースを発生する仕様を選択した(青矢印参照)。

メルセデスF1 W12とレッドブルRB16Bのウイング比較
メルセデスF1 W12とレッドブルRB16Bのウイング比較


 初日予選でのハミルトンは、フェルスタッペンをしのいで最速タイムを叩き出した。とはいえ0.075秒の僅差であり、翌日のスプリント予選ではポールポジションを奪われている。


 その理由の一つは、初日と二日目以降の路面温度の違いだった。フロントタイヤのブリスターを恐れたレッドブルはキャンバー角を控えめにし、最高でも37度だった初日の路面温度では十分にタイヤを温めることができなかったのだった。


 しかし49度まで上昇した二日目のスプリント予選のコンディションはレッドブルに有利な状況となり、フェルスタッペンが1周目から速さを発揮できた(最高速ではなく、あくまでラップタイムの速さだが)。日曜日の路面温度も47度と高く、もし1周目のクラッシュがなければ、フェルスタッペンの方がラップタイムでは速かったはずだ。


 今回のアップデートで、メルセデスはレッドブルにどこまで追い付けたのか。その意味でまったくコース特性の違う今週末のハンガリーGPでのパフォーマンスが注目されるが、まだ十分なレベルではないというのが、現時点での筆者の見解だ。



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(翻訳・まとめ 柴田久仁夫)




レース

12/10(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
12/11(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
12/12(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン395.5
2位ルイス・ハミルトン387.5
3位バルテリ・ボッタス226
4位セルジオ・ペレス190
5位カルロス・サインツJr.164.5
6位ランド・ノリス160
7位シャルル・ルクレール159
8位ダニエル・リカルド115
9位ピエール・ガスリー110
10位フェルナンド・アロンソ81

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム613.5
2位レッドブル・レーシング・ホンダ585.5
3位スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウ323.5
4位マクラーレンF1チーム275
5位アルピーヌF1チーム155
6位スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ142
7位アストンマーティン・コグニザント・フォーミュラワン・チーム77
8位ウイリアムズ・レーシング23
9位アルファロメオ・レーシング・オーレン13
10位ウラルカリ・ハースF1チーム0

レースカレンダー

2021年F1カレンダー
第13戦オランダGP 9/5
第14戦イタリアGP 9/12
第15戦ロシアGP 9/26
第16戦トルコGP 10/10
第17戦アメリカGP 10/24
  • 最新刊
  • F1速報

    2021年総集編