F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ペレス、スピンしリタイア「乱気流の影響を受けた。本当に申し訳ない」レッドブル・ホンダ/F1第10戦スプリント予選

2021年7月18日

 2021年F1イギリスGPの土曜スプリント予選で、レッドブル・ホンダのセルジオ・ペレスはリタイア(20番手)を喫した。


 ペレスは、5番グリッドからスタートし、7番手を走行中に、前のマシンが乱した空気の影響を受けてスピンを喫し、19番手にポジションを落とした。その後、18番手を走行し続けたが、タイヤのバイブレーションがひどかったため、チームはマシンがダメージを受けることを避けるためにペレスをリタイアさせることを決めた。

2021年F1第10戦イギリスGP セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)

■レッドブル・レーシング・ホンダ
セルジオ・ペレス
FP2 5番手(1分30秒800/27周)
スプリント予選 リタイア(20番手)(5番グリッド/ミディアムタイヤ)


 マシンの感触がとてもよかっただけに、スプリントレースでリタイアしなければならず、本当に残念だ。今日はうまくいかなかった。チームに対しては、申し訳ないことをしたと言う以外、言葉がない。ランド(・ノリス)とバトルをしている時に、マシンリヤのコントロールを失った。それによって今日一日が台無しになってしまった。


 コーナー半ばで、スロットルをかなり開けていた時に、ダーティエアの影響を受けて、コーナーを抜け出す前にコントロールがきかなくなってしまった。ウォールには全く当たらずに済んだが、そのスピンの後、タイヤのバイブレーションがひどくて、リタイアという判断になった。振動によりダメージが引き起こされることをチームは心配したんだ。すでに得られるものは何もなかったので、リタイアを決断した。


 明日のレースはグリッド後方からスタートすることになる。このサーキットはオーバーテイクをするのが簡単ではないけれど、マシンのペースがとてもよさそうなので、できるだけ多くのポイントをつかむためにプッシュしていく。


 今は最悪の状況だが、明日はまた新しい一日になる。何ができるのか見ていくよ。



(autosport web)




レース

7/1(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/2(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/3(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※カナダGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン175
2位セルジオ・ペレス129
3位シャルル・ルクレール126
4位ジョージ・ラッセル111
5位カルロス・サインツ102
6位ルイス・ハミルトン77
7位ランド・ノリス50
8位バルテリ・ボッタス46
9位エステバン・オコン39
10位フェルナンド・アロンソ18

チームランキング

※カナダGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング304
2位スクーデリア・フェラーリ228
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム188
4位マクラーレンF1チーム65
5位BWTアルピーヌF1チーム57
6位アルファロメオF1チーム・オーレン51
7位スクーデリア・アルファタウリ27
8位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム16
9位ハースF1チーム15
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第10戦イギリスGP 7/3
第11戦オーストリアGP 7/10
第12戦フランスGP 7/24
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
  • 最新刊
  • F1速報

    第7戦モナコGP号