F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ハミルトン予選4番手「気温上昇で後退。優勝争いは不可能だが少しでも順位を上げたい」メルセデス/F1第9戦

2021年7月4日

 2021年F1オーストリアGPの土曜予選で、メルセデスのルイス・ハミルトンは4番手、バルテリ・ボッタスは5番手だった。ふたりともミディアムタイヤで決勝をスタートする。


 トラックサイドエンジニアリングディレクターのアンドリュー・ショブリンは、メルセデス苦戦の原因として「今日は路面温度が上がり、そのコンディションが我々に合っていなかったと思う。ソフトタイヤを正しいウインドウに入れられていたのかどうか調べる必要がある。Q3でほとんどのマシンが0.1秒から0.2秒タイムを向上させていたが、我々には十分な向上がなく、順位を落とす結果になった」と語っている。

2021年F1第9戦オーストリアGP ルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタス(メルセデス)
2021年F1第9戦オーストリアGP ルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタス(メルセデス)

■メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム
ルイス・ハミルトン
FP3 3番手(1分05秒277/20周)
予選 4番手(Q1=4番手1分04秒506:Q2=2番手1分04秒258:Q3=4番手1分04秒014)


 今週末は先週よりさらに苦労している。前回と同様にペースが足りないんだ。マシンからできるだけ多くのパフォーマンスを引き出そうとしてあらゆることを試したけれど、根本的なペースは今のところ不十分だ。今後のレースのなかで、パフォーマンスを見つけていく必要がある。


 マクラーレンがアップグレードを持ち込んだのかどうか詳しいことは知らないが、今日の彼らはとてつもなく速かった。ランド(・ノリス)は素晴らしい仕事をしたね(注:予選2番手)。


 僕たちがやるべきことは、ひたすら改善を目指すことだけだ。まだ今シーズンは長い道のりが残っている。


 気温が上がるなかで、レッドブルは前進し、僕たちは後退した。明日どうなるか、見ていこう。


(予選後の記者会見で、ポールのマックス・フェルスタッペンと優勝争いをするのは不可能だと思うかと聞かれ)そう思う。純粋なペースを考えると、不可能なのは間違いない。


 彼らは2台揃って上位グリッドからスタートする。そして僕たちより0.3秒速いんだ。彼らは今週末、またさらに進歩したみたいだね。マックスは楽に勝利をつかむだろう。


(セルジオ・)ペレスの前に出られるかどうか試してみて、今週末、ダメージを最小限にとどめることが重要になるだろう。レッドブルは速すぎる。でも、順位を上げることはできるかもしれない。前のふたり(ノリスとペレス)を抜けるかどうかやってみるよ。

2021年F1第9戦オーストリアGP バルテリ・ボッタス(メルセデス)
2021年F1第9戦オーストリアGP バルテリ・ボッタス(メルセデス)

■メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム
バルテリ・ボッタス
FP3 2番手(1分05秒129/22周)
予選 5番手(Q1=5番手1分04秒563:Q2=3番手1分04秒376:Q3=5番手1分04秒049)


 今日はポール争いをしたいと思っていたけれど、実際には無理だったね。先週末よりも僕たちが少し後退したか、他のチームが進歩したかのどちらかだろう。思っていたよりも0.1秒か0.2秒足りない。今週末、マクラーレンはC5コンパウンドでパフォーマンスを見つけ出したね。彼らのマシンにはよく合っているようだ。


 予選に比べれば、レースペースの面では多少状況はいいはずだ。今回、マシンセットアップはレースペースに重点を置いて進めてきたからね。今日のことから学習する必要があるが、明日はチームのためにいい結果を出すことができると思っている。決勝ではレッドブルと戦えるのではないかという期待を今も持っているんだ。



(autosport web)




レース

11/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン454
2位シャルル・ルクレール308
3位セルジオ・ペレス305
4位ジョージ・ラッセル275
5位カルロス・サインツ246
6位ルイス・ハミルトン240
7位ランド・ノリス122
8位エステバン・オコン92
9位フェルナンド・アロンソ81
10位バルテリ・ボッタス49

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング759
2位スクーデリア・フェラーリ554
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム515
4位BWTアルピーヌF1チーム173
5位マクラーレンF1チーム159
6位アルファロメオF1チーム・オーレン55
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム55
8位ハースF1チーム37
9位スクーデリア・アルファタウリ35
10位ウイリアムズ・レーシング8

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第19戦アメリカGP&第20戦メキシコGP 合併号