F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

「まだ信じられない」マクラーレンF1リザーブ就任の平川亮が鈴鹿を訪問。ともに現地入りしたモリゾウも応援

2023年9月23日

 2024年からのマクラーレンF1リザーブドライバーへの就任が発表された平川亮が、モリゾウ(トヨタ自動車豊田章男会長)らとともに2023年F1第17戦日本GPが開催されている鈴鹿サーキットに到着し、リザーブドライバーへの心境について語った。


 現在、WEC世界耐久選手権と全日本スーパーフォーミュラ選手権で活躍中の平川。2022年にはル・マン24時間レースで総合優勝を飾り、今季も優勝争いに加わるレースを披露。スーパーフォーミュラも昨シーズンはランキング3位を獲得し、今季もここまで7戦を終えて3度の表彰台に上っている。


 そんな平川の活躍にマクラーレン側が興味を示し、TOYOTA GAZOO Racing(TGR)側とやり取りをしているうちにリザーブドライバー就任の話に進んでいったとのこと。平川自身も「この話を聞いたのも1カ月くらい前で、急に話が進んだこともあり、自分自身もまだ信じられない気持ちです」と現在の心境を語った。


 平川のマクラーレンF1リザーブドライバー就任に合わせ、TGRはモリゾウをはじめ中嶋一貴TGR-E副会長や、WECチーム代表とドライバーを兼任する小林可夢偉も鈴鹿サーキットに入り、マクラーレン・レーシングのザック・ブラウンCEOをはじめとする首脳陣に挨拶。なお、平川自身は今日の予選と明日の決勝ともにチームと合流してピット内で戦況を見守るとのことだ。


 チームのホスピタリティでフォトセッションと囲み取材に応じた平川は「この機会を作ってくれたのは、モリゾウさんの力が大きいので、こうして一緒に来ていただいて、本当に感謝しきれないという思いもあります。また、マクラーレンチームの皆さんも暖かく迎えていただいて、本当にありがたいなという気持ちです」と笑顔を見せた。

2023年F1第17戦日本GP 2024年からのマクラーレンF1リザーブドライバー就任が決定した平川亮
2023年F1第17戦日本GP 2024年からのマクラーレンF1リザーブドライバー就任が決定した平川亮


 ただ、来季のリザーブドライバー就任が決まったことで、現在彼が参戦しているふたつのカテゴリーを継続するか否かも注目が集まるところ。それについては「話が急に進んでいるので、(来季の参戦カテゴリーについては)慎重に話を進めなくてはいけないんですけど、自分としてはこのチャンスを逃したくないですし、少しでも活かしたいという気持ちがあります。その部分は僕とトヨタさん、マクラーレンチームとで話し合っていければと思います」と平川。ここについては現時点で決まっているものは少ないようだ。


 将来的にはレギュラードライバー昇格への可能性もゼロではないこともあり、今後の動向に一層の注目が集まることになる平川。オレンジ色のチームウェアに身を包み、改めて決意を新たにしていた。


「ここまでチャンスを作っていただいたので、ここから先は自分でチャンスを掴み取るものかなと思います。まずはF1のチームに少しでも慣れて、どういった仕事をしているのかを見極めていきたいです。自分も(他のカテゴリーで)経験があるので、その部分をどう活かすかということも大事ですし、少しでも早くチームに溶け込んで、しっかりチームに貢献できるようになれば、チャンスも見えてくるのかなと思います」


「僕としてはすごく嬉しいですけど、(トヨタ勢には)優秀なドライバーがたくさんいます。彼らの見本になれるような走りや言動も意識しつつ、今までどおりやれればいいかなと思います」

2023年F1第17戦日本GP マクラーレンF1のピットと平川亮
2023年F1第17戦日本GP マクラーレンF1のピットと平川亮

■モリゾウ「こういったお話をいただいたマクラーレンさんに感謝」

 平川が鈴鹿サーキットを訪問するのに同行するかたちでやって来たのがモリゾウだ。自身はドライバーとしてスーパー耐久シリーズで水素エンジンのカローラをドライブするほか、現在のTGRドライバーの活躍を力強く支えている存在でもある。


 今回の決定についてモリゾウは“ドライバー個人の想い”を尊重したと語る。


「やはりドライバー個人の想いとなると『世界一速いクルマに乗りたい』『世界一速いドライバーと言われたい』という夢があることは確かです。その実現が『トヨタドライバーではできないのか?』という気持ちが、トヨタの育成ドライバーにはあったと思います」


「私も他のドライバーと話していくなか、そういったことをハッキリと言う人はいませんが、そんな“わだかまり”のようなものがあったと思います。それで少し心を痛めていたときに、マクラーレンさんがこういったありがたい話を言っていただたました。それがきっかけでした」とモリゾウ。


「トヨタの育成ですけど、平川というドライバーを見てもらい、ル・マン24時間の勝者であるなど、いろいろな評価をしていただいてリザーブドライバーに選んでいただきました。このチャンスを活かさない手はないですし、そういったクルマに乗りたいという意思も明確でしたので『それだったら後押しをしよう』となりました。今日は“モリゾウ”として来ましたし、なによりマクラーレンさんへの感謝と、平川というドライバーは良いスタートポイントになりますので、チームとドライバーに焦点を当てていただきたいです」と、あくまで平川個人を応援するという目的が大きいようだ。


 さらにモリゾウは、平川のリザーブドライバー就任によって、彼の後輩にあたるTGRドライバーの活躍にも期待している様子。「多分、彼の背中を見て、トヨタドライバーも『こういった道もあるんだ』ということで、より切磋琢磨する、彼自身もより高いところに上り詰める。そういった部分をモリゾウとしては応援したいなと思っています」と語った。

2023年F1第17戦日本GP マクラーレンのザック・ブラウンCEOと握手をする平川亮。笑顔のモリゾウ
2023年F1第17戦日本GP マクラーレンのザック・ブラウンCEOと握手をする平川亮。笑顔のモリゾウ

2023年F1第17戦日本GP マクラーレンのウェアを着用した平川亮とともに歩く笹原右京
2023年F1第17戦日本GP マクラーレンのウェアを着用した平川亮とともに歩く笹原右京

2023年F1第17戦日本GP マクラーレンF1のパパイヤオレンジ色のウェアを着用する平川亮
2023年F1第17戦日本GP マクラーレンF1のパパイヤオレンジ色のウェアを着用する平川亮



(Tomohiro Yoshita)




レース

2/29(木) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
3/1(金) フリー走行3回目 21:30〜22:30
予選 25:00〜
3/2(土) 決勝 24:00〜


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン575
2位セルジオ・ペレス285
3位ルイス・ハミルトン234
4位フェルナンド・アロンソ206
5位シャルル・ルクレール206
6位ランド・ノリス205
7位カルロス・サインツ200
8位ジョージ・ラッセル175
9位オスカー・ピアストリ97
10位ランス・ストロール74

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング860
2位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム409
3位スクーデリア・フェラーリ406
4位マクラーレンF1チーム302
5位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラ1チーム280
6位BWTアルピーヌF1チーム120
7位ウイリアムズ・レーシング28
8位スクーデリア・アルファタウリ25
9位アルファロメオF1チーム・ステーク16
10位マネーグラム・ハースF1チーム12

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第1戦バーレーンGP 3/2
第2戦サウジアラビアGP 3/9
第3戦オーストラリアGP 3/24
第4戦日本GP 4/7
第5戦中国GP 4/21
  • 最新刊
  • F1速報

    2024年 Vol.1 オフシーズン情報号