F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ラッセル、コースオフも予選3番手「マシンにダメージはないはず。スプリントに向け良い位置を確保できた」/F1第21戦

2022年11月12日

 2022年F1ブラジルGPの金曜予選で、メルセデスのジョージ・ラッセルは3番手を獲得した。


 濡れた路面の不安定なコンディションで行われた予選において、ラッセルは、Q3最初のアタックラップで暫定3番手タイムをマークした。しかし2周目のフライングラップで濡れた芝を踏んで、コースオフ。ターン4のグラベルから出られなくなり、そこで予選を終えた。このアクシデントにより予選は赤旗中断となったが、その間に雨が降り始めたため、ラッセルは3番手を維持することができた。

2022年F1第21戦ブラジルGP ジョージ・ラッセル(メルセデス)
2022年F1第21戦ブラジルGP ジョージ・ラッセル(メルセデス)

■ジョージ・ラッセル(メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム)
FP1 6番手(1分12秒055:ソフトタイヤ/24周)
予選 3番手(Q1=11番手1分14秒427:ソフトタイヤ/Q2=4番手1分11秒318:ソフトタイヤ/Q3=3番手1分12秒059:ソフトタイヤ)


 少し複雑な気持ちだね。Q3ではかなりユニークな経験をした。コースに出て行く順番が最後のグループで、走り続けるなかで次第に雨が強く激しくなっていった。最終コーナーは、前のラップよりもかなり濡れた状態だった。そうして次のラップのターン4でマシンのコントロールを失ったんだ。頭が激しく揺れたことで、ヘッドレストが壊れた。マシンの向きを変えようとして、リヤタイヤがグラベルに乗ってしまった。最善の判断ではなかったと思う。


 砂利がたくさん入り込んでしまったから、マシンをバラバラにして、砂利を取り出してもらわなければならないけれど、明日に向けて問題ないといいね。いろいろあったが、3番手はいいポジションだ。


 ポールを獲得したケビン(・マグヌッセン)とハースに心からおめでとうと言いたい。こういう予想外の結果は、このスポーツを特別なものに感じさせてくれるね。


(予選後の会見で語り)マシンにダメージはないはずだよ。マシンをトラックで運んでもらうときにはいつも少し不安になるけれど、大丈夫なはずだ。



(autosport web)




レース

7/5(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/6(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/7(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン255
2位ランド・ノリス171
3位シャルル・ルクレール150
4位カルロス・サインツ146
5位オスカー・ピアストリ124
6位セルジオ・ペレス118
7位ジョージ・ラッセル111
8位ルイス・ハミルトン110
9位フェルナンド・アロンソ45
10位ランス・ストロール23

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング373
2位スクーデリア・フェラーリ302
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム295
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム221
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム68
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム31
7位マネーグラム・ハースF1チーム27
8位BWTアルピーヌF1チーム9
9位ウイリアムズ・レーシング4
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第12戦イギリスGP 7/7
第13戦ハンガリーGP 7/21
第14戦ベルギーGP 7/28
第15戦オランダGP 8/25
第16戦イタリアGP 9/1
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.6 第7戦エミリア・ロマーニャGP & 第8戦モナコGP & 第9戦カナダGP号