F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

2024年のF1復帰を目指すリカルド、インディカー転向を否定「アメリカを夢見るのは楽しいが、それは幻想だ」

2022年10月28日

 ダニエル・リカルドは、F1での次のキャリアを探しているが、インディカーに転向するつもりはないと明かした。


 リカルドとマクラーレンは今シーズンの終わりで袂を分かつ。予定より1年早いが、彼のパフォーマンスがチームとドライバー双方の期待に届かなかったためだ。


 今のところ、リカルドは1年間一線を退き、2024年にグリッドに復帰しようと考えている。しかし暫定的に、2023年にトップチームのリザーブドライバーになれば、F1に密着していられるだろう。


 オースティンでは、リカルドが2023年に、以前所属したレッドブルのスーパーサブになるのではないかという憶測が飛び交っていたが、リカルドはリザーブの役割に関してはどのチームとも契約を結んでいないと語った。


「今のところ、すべてはただのうわさだ」とリカルドは土曜日にCOTA(サーキット・オブ・ジ・アメリカズ)で語った。


「僕が話し合いをしているか? それはイエスだ。でもまだ契約締結といったことはないよ」


「だからF1から完全に離れるつもりはないけれど、2024年について何も保証されていないのは確かだ。間違いなくここでドライブすることになるというシートがない感じだ」


「でも僕はこれからも周りにいて、戻るために必要なことをするよ」

ダニエル・リカルド(マクラーレン)
2022年F1第19戦アメリカGP ダニエル・リカルド(マクラーレン)


 アメリカの生活様式を大いに気に入っているリカルドは、インディカーやNASCARにうまく溶け込めるだろう。元F1ドライバー仲間のロマン・グロージャンもそのように考え、リカルドは「インディカーに向いている」とツイート。しかしリカルドはそのアイデアを拒否した。


「とんでもない。オーバルは怖いよ」とリカルドは西へ向かう可能性を提示されると、冗談めかして言った。


「F1キャリアを大きく変える野望はまだ終わっていないし、何よりもまずそれが一番なんだ。主にそういう理由から、外れたくないと思っている。それにオーバルもノーだ」


「10年前だったらイエスと言っただろう。オーバルが苦手だと認めるのは構わない」


 限定的なサーキットのみのプログラムも、少なくとも今のところは8度のF1グランプリ優勝者のリカルドにとって魅力的ではないようだ。


「見た目は楽しそうだ。でも僕はF1から抜けていないから、あまり受け入れてはいない」


「アメリカやなんかのことを夢見るのは楽しいだろう。でもそうだね。どちらかというとそれは幻想だよ」

ダニエル・リカルド(マクラーレン)
2022年F1第19戦アメリカGP ダニエル・リカルド(マクラーレン)



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

5/24(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 24:00〜25:00
5/25(土) フリー走行3回目 19:30〜20:30
予選 23:00〜
5/26(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※エミリア・ロマーニャGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン161
2位シャルル・ルクレール113
3位セルジオ・ペレス107
4位ランド・ノリス101
5位カルロス・サインツ93
6位オスカー・ピアストリ53
7位ジョージ・ラッセル44
8位ルイス・ハミルトン35
9位フェルナンド・アロンソ33
10位角田裕毅15

チームランキング

※エミリア・ロマーニャGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング268
2位スクーデリア・フェラーリ212
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム154
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム79
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム44
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム20
7位マネーグラム・ハースF1チーム7
8位BWTアルピーヌF1チーム1
9位ウイリアムズ・レーシング0
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第8戦モナコGP 5/26
第9戦カナダGP 6/9
第10戦スペインGP 6/23
第11戦オーストリアGP 6/30
第12戦イギリスGP 7/7
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.5 第5戦中国GP & 第6戦マイアミGP