F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ルクレール、予選Q3でスピン「今日の僕はポールにふさわしくなかった。挽回して1-2を達成したい」フェラーリ/F1第10戦

2022年7月3日

 2022年F1イギリスGPの土曜予選で、フェラーリのシャルル・ルクレールは3番手だった。Q3終盤までポールポジションをめぐって戦ったが、最後のアタックラップでスピンをしてタイムを更新できず、3番手にとどまった。


■シャルル・ルクレール(スクーデリア・フェラーリ)
FP3 3番手(1分28秒348:ソフトタイヤ/21周)
予選 3番手(Q1=2番手1分39秒846:インターミディエイトタイヤ/Q2=3番手1分41秒247:インターミディエイトタイヤ/:Q3=3番手1分41秒298:インターミディエイトタイヤ)

2022年F1第10戦イギリスGP シャルル・ルクレール(フェラーリ)
2022年F1第10戦イギリスGP シャルル・ルクレール(フェラーリ)

 残念なことにQ3最後のラップでスピンしてしまい、思ったようにラップをまとめることができなかった。もちろんがっかりしているが、(チームメイトの)カルロス(・サインツ)がポールを獲得したことはうれしく思っている。


 今日は自信を持って走ることができたし、競争力がかなり高かったと思う。過去2年は今日のようなコンディションでかなり苦労していた。でも今日はウエットでも一貫性があったのでよかったよ。


 明日はチームによって戦略が分かれるだろう。1回ストップにしても2回ストップにしても、いい動きをすることで順位を上げて、チームの1-2達成のために戦いたい。


(予選後の会見で語り)あの(最後の)ラップで僕はすべてをまとめる必要があった。なのにドライバーとしてそれができなかった。だから僕はポールにふさわしくない。カルロスが明日のレースで勝てばうれしいね。一方で、自分自身が勝ちたいという気持ちがあることを隠すつもりはない。ただ、一番重要なのは、どちらが上にしても、1-2を達成することだと思っている。周囲のマシンに対して戦略的な動きをすることができるなら、間違いなくそうするだろう。明日どうなるかを見ていこう。



(autosport web)




レース

9/30(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/1(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
10/2(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※シンガポールGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン341
2位シャルル・ルクレール237
3位セルジオ・ペレス235
4位ジョージ・ラッセル203
5位カルロス・サインツ202
6位ルイス・ハミルトン170
7位ランド・ノリス100
8位エステバン・オコン66
9位フェルナンド・アロンソ59
10位バルテリ・ボッタス46

チームランキング

※シンガポールGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング576
2位スクーデリア・フェラーリ439
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム373
4位マクラーレンF1チーム129
5位BWTアルピーヌF1チーム125
6位アルファロメオF1チーム・オーレン52
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム37
8位ハースF1チーム34
9位スクーデリア・アルファタウリ34
10位ウイリアムズ・レーシング6

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第17戦シンガポールGP 10/2
第18戦日本GP 10/9
第19戦アメリカGP 10/23
第20戦メキシコGP 10/30
第21戦ブラジルGP 11/13
  • 最新刊
  • F1速報

    第16戦 イタリアGP号