F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

レッドブル&HRC密着:DRSの不具合で最終アタックを断念。ポールを逃すも、レースではタイヤ管理を重視し逆転を狙う

2022年5月22日

 F1第6戦スペインGPの予選Q3終盤、国際映像のモニターには最後のアタックを行うシャルル・ルクレール(フェラーリ)の走りが映し出されていた。Q3の1回目のアタックを終えた段階で暫定ポールポジションを獲得していたのはマックス・フェルスタッペン(レッドブル)。ライバルのルクレールはシケインでスピンし、タイムを計測していなかった。


 最後のアタックはルクレールがフェルスタッペンよりも先に開始。フェルスタッペンの暫定PPタイムを更新する勢いでセクター2を通過し、シケインを立ち上がって最終コーナーへ向かおうとしていた。しかし、次の瞬間、モニターからフェルスタッペンの無線が流れてきた。


「ノーパワー」


 最終コーナーを立ち上がったルクレールはフェルスタッペンのタイムを上回り、ポールポジションに立つ。


 一方、アタックラップに入るメインストレートでパワーを失ったフェルスタッペンは、1、2コーナーを立ち上がった後、タイムアタックをやめてピットへ向かった。その瞬間、ルクレールが逆転で2022年のスペインGPのポールシッターとなった。


 予選後、フェルスタッペンはパワーを失った理由を次のように語った。


「ストレートでDRSが開かずに、コンマ3、4秒のタイムロスがあったので、バックオフしてアタックラップを中止したんだ」

レッドブル&HRC密着
2022年F1第6戦スペインGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル)


 それでも、Q3の1回目アタックでフェルスタッペンが叩き出した1分19秒073というタイムを、ルクレールの直後で2回目のアタックを行っていたカルロス・サインツ(フェラーリ)は上回ることができず、フェルスタッペンはフロントロウをキープ。日曜日のレースは2番グリッドからスタートする。


 スペインGPの舞台であるカタロニア・サーキットは、オーバーテイクが難しいという点では予選ポジションが重要となる。そういう意味では、ポールポジションを逃したフェルスタッペンにとっては、最後のアタックでDRSの不具合が発生したことは痛かった。


 一方で、カタロニア・サーキットはタイヤに厳しいことで有名で、ポールシッターでもレースで優勝できなかったレースも少なくない。最近の10年間のポールポジションの成績でも、2019年バルテリ・ボッタスが2位、2016年ルイス・ハミルトンはリタイア、2013年ニコ・ロズベルグは6位と3度優勝を逃している。


 レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表は言う。


「この高温下では、タイヤのデグラデーションとマネージメントが重要になる。したがって、明日はとても緊密で魅力的なレースになると思う」

レッドブル&HRC密着
2022年F1第6戦スペインGP クリスチャン・ホーナー代表(レッドブル)



(Masahiro Owari)




レース

7/29(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/30(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/31(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン258
2位シャルル・ルクレール178
3位セルジオ・ペレス173
4位ジョージ・ラッセル158
5位カルロス・サインツ156
6位ルイス・ハミルトン146
7位ランド・ノリス76
8位エステバン・オコン58
9位バルテリ・ボッタス46
10位フェルナンド・アロンソ41

チームランキング

※ハンガリーGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング431
2位スクーデリア・フェラーリ334
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム304
4位BWTアルピーヌF1チーム99
5位マクラーレンF1チーム95
6位アルファロメオF1チーム・オーレン51
7位ハースF1チーム34
8位スクーデリア・アルファタウリ27
9位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム20
10位ウイリアムズ・レーシング3

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    第10戦イギリスGP & 第11戦 オーストリアGP合併号