F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

プレイバック2013:今年のF1トップ10記事は?

2013年12月30日

 2013年、最もアクセスを集めたのはどの記事だったでしょうか?2013年を振り返るプレイバック第1弾はF1。今年のF1はピレリタイヤがレースやシーズンを大きく左右するなか、セバスチャン・ベッテとレッドブルが4連覇を成し遂げました。

 ベッテル大好きなバーニー・エクレストンですらファンの関心が薄れることを心配し対策に動くような結末となりましたが、話題は非常に豊富な一年間でした。何よりホンダがF1復帰を発表したのは最大のトピックスと言えるでしょう。

 それではさっそく第10位からプレイバック。多くの関心が集まる小林可夢偉選手関係のニュースは別に取り上げることにして、今回はそれ以外のF1ニュース記事からトップ10をピックアップしました。





レース

8/7(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
8/8(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
8/9(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※70周年記念GP終了時点
1位ルイス・ハミルトン107
2位マックス・フェルスタッペン77
3位バルテリ・ボッタス73
4位シャルル・ルクレール45
5位ランド・ノリス38
6位アレクサンダー・アルボン36
7位ランド・ノリス28
8位セルジオ・ペレス22
9位ダニエル・リカルド20
10位エステバン・オコン16

チームランキング

※70周年記念GP終了時点
1位メルセデス180
2位レッドブル・ホンダ113
3位フェラーリ55
4位マクラーレン53
5位レーシングポイント41
6位ルノー36
7位アルファタウリ・ホンダ14
8位アルファロメオ2
9位ハース1
10位ウイリアムズ0
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 7/27号 第1・2戦第1戦オーストリアGP & 第2戦シュタイアーマルクGP合併号