F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

日本GPプレビュー:ルノー

2004年10月7日

 初開催の中国GPでコンストラクターズ選手権の2位を争うBARに追い付き、追い越すことを狙ったルノーだが、結果的には逆に差を広げられて東シナ海を渡ることになった。2004年F1世界選手権も残りわずか2戦となった段階で、ルノーはBARに9ポイントのリードを許している。しかし、チームは今週末の日本GPからの2レースで逆転の望みを捨ててはいない。
 かつて日本でレースをしていたこともあるジャック・ビルヌーブは、おそらく誰よりもよく鈴鹿を知っている。「鈴鹿は最もドライブが難しいサーキットのひとつだ。特にそれぞれのターンをどのようにリンクさせればいいかという点でね。ドライブするのがとても楽しいコースで、各コーナーを流れるように、かつ正確に走れる車が必要になる」「路面がとても滑りやすいところもあって、かなりデリケートなドライビングが要求される。だからスムーズなドライバーほどいいラップタイムが出せるんだ。いいタイムを出すには精神的にアグレッシブでなければならないけど、ステアリングの操作がアグレッシブであってはいけないってことだね。本当に自信を持ってドライブするには、車がすごく安定している必要がある」


 ビルヌーブや他のドライバーの大部分と同様に、フェルナンド・アロンソも年に一度の日本訪問を楽しみにしており、鈴鹿でのレースが待ち遠しいという。「スパを別格とすれば、鈴鹿は世界で一番気持ちよく走れるサーキットだ。ドライバーにとってはきわめてチャレンジングだが、テクニカルなサーキットでもあるので、車の正しいセットアップを見つけることが重要になる。フロントエンドは鋭いターンインが可能で、リヤがしっかり安定していれば、高速コーナーも自信を持ってアタックできる。もうひとつ鈴鹿で重要な点は、リスクを承知でコーナーに入らなければならないことだ。出口がブラインドなのにハードに攻めなくちゃならないコーナーがたくさんある。だから完全に信頼できる車がどうしても必要なんだ」「ラップ全体がチャレンジングだけど、ここのS字だけは世界中のどこにも似たようなところがない。ベストタイムを出せるラインはこのS字全体を通じて1本しかないから、アプローチしているコーナーとその次のコーナーまで考えて、完璧なポジションを見つける必要がある。横Gがかかっている状態が10秒から15秒近くも続くので、ドライバーにとっては肉体的にとてもツラい。このセクションでは真っ直ぐに走る部分がなくて、ずっとリラックスできないんだ。体力面ではとても厳しいよ」「とてもコンペティティブなレースになるだろう。でも、僕個人としては、BARをやっつけたいというモチベーションがこれまで以上に高まっている。特にここは彼らのホームレースのひとつだからね!」




レース

7/31(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
8/1(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
8/2(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン88
2位バルテリ・ボッタス58
3位マックス・フェルスタッペン52
4位ランド・ノリス36
5位シャルル・ルクレール33
6位アレクサンダー・アルボン26
7位セルジオ・ペレス22
8位ランス・ストロール20
9位ダニエル・リカルド20
10位カルロス・サインツJr.15

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位メルセデス146
2位レッドブル・ホンダ78
3位マクラーレン51
4位フェラーリ43
5位レーシングポイント42
6位ルノー32
7位アルファタウリ・ホンダ13
8位アルファロメオ2
9位ハース1
10位ウイリアムズ0
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 7/27号 第1・2戦第1戦オーストリアGP & 第2戦シュタイアーマルクGP合併号