F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ミハエル「時にはツイてないこともある」

2004年10月6日

 フェラーリのミハエル・シューマッハーは、自分にもツイてない日もあるし、中国GPのように、すべてがうまくは行かないときがあっても当然だと述べた。
 中国で、シューマッハーはピットからスタートし、最終的に12位でフィニッシュした。ポールからスタートして優勝した、同僚のルーベンス・バリチェロからは1周遅れだった。しかしシューマッハーは、鈴鹿に向けて目指すものはひとつだけだという。
「僕らは驚異的なシーズンを送ってきたわけだから、勝利を目指すしかないよ」とシューマッハー。
「そのことには疑問の余地はない。上海ですべてが順調には行かなかったからといって影響はないよ。いろいろなことが同時にマズイ方へ行ってしまったが、別の見方をすれば、一度くらいすべてがうまくは行かないことがあったって普通だろう」
「そのことを考えるのはもうやめるべきだし、僕は簡単にやめられるよ」
「僕はもう鈴鹿のことを考えているし、あのサーキットにはいい思い出があるから、レースが待ちきれない気持ちだ」
 先週、フェラーリチームはヘレスで集中的なテストを行った。ミハエルもテストに参加し、まだドライブしたいという情熱を失っていないことを示した。
「こういうテストは楽しいし、チームとして前進していることを感じられる。僕らはシーズン最後の2戦のために頑張って働いた。とてもうまく行ったと思うよ」
 ミハエルはヘレスで驚くべきタイムを記録した。
「これがフェラーリのすごいところだ。チャンピオンシップをすでに勝ち取ってしまっても、まだハングリーなんだよ。全員が常にモチベーションを感じている。全員が同じ考えだし、立ち止まるということはできないんだ」
「レースチームは、あらゆる細かい部分に気を配っているし、テストチームもものすごく頑張って働いている。だからこそ、このチームのためにドライブするのが嬉しいんだよ」




レース

9/11(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
9/12(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
9/13(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※トスカーナGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン190
2位バルテリ・ボッタス135
3位マックス・フェルスタッペン110
4位ランド・ノリス65
5位アレクサンダー・アルボン63
6位ランス・ストロール57
7位ダニエル・リカルド53
8位シャルル・ルクレール49
9位セルジオ・ペレス44
10位ピエール・ガスリー43

チームランキング

※トスカーナGP終了時点
1位メルセデス325
2位レッドブル・ホンダ173
3位マクラーレン106
4位レーシングポイント92
5位ルノー83
6位フェラーリ66
7位アルファタウリ・ホンダ53
8位アルファロメオ4
9位ハース1
10位ウイリアムズ0
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 第6戦スペインGP & 第5戦70周年記念GP合併号