F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ブリヂストン「去年のハンガリーが今年の成功のカギ」

2004年10月6日

 ブリヂストンは6日、都内ホテルで日本GP直前恒例となったプレスミーティングを開催。今季これまでのシーズン、そして鈴鹿での戦いへの意気込みを示した。
 ミーティングには、ブリヂストン渡邊恵夫社長をはじめ、安川ひろしモータースポーツ推進室長、浜島裕英タイヤ開発部長などブリヂストンF1活動の首脳陣が出席。さらに、チャンピオンチームのフェラーリからミハエル・シューマッハー、ルーベンス・バリチェロの両選手、それにロス・ブラウンテクニカルディレクター、ジャン・トッド監督など豪華なメンバーが出席した。
 ロス・ブラウン、それに浜島氏は今季のフェラーリの強さについて「今季につながる重要な一戦だったのは、昨年のハンガリーGP。ミハエルが周回遅れにされ、チームもブリヂストンも真剣に危機感を抱いた。それに対して、チームとタイヤサプライヤーが一致団結して問題を解決し、他を圧倒できるパッケージを作り上げた」と解説。レギュレーションの大きな変更が予定されている2005年に向けても「もう開発は進んでいる」と、両者のパートナーシップが強固であることをアピールした。
 今季圧倒的なパフォーマンスをみせたチャンピオン、ミハエル・シューマッハーも「昨年のハンガリーGPがターニングポイントだった」と語る。「あの時は本当に速さが足りなかった。でも、優秀なチームとブリヂストンの開発のおかげで素晴らしい走りができた」
 週末に迫った日本GPについては? との質問には「優勝、そしてワンツーフィニッシュ」とジャン・トッド フェラーリ監督。シューマッハーも「週末は天気が悪いらしいが、ドライでもウエットでも自信がある。ウエットならなおいいかもしれないね(笑)。ブリヂストンのホームレースなんだから、当然優勝を狙っていく」と自信満々。目下2連勝中のバリチェロも「今季の終盤4戦(イタリア、中国、日本、ブラジル)は自分にとって大事なレースが続くんだ。だから日本もフェラーリの完全勝利を目指す」と、こちらも必勝の構えだ。
 会見後も、ステージ上でブリヂストン首脳陣とフェラーリ首脳陣が固く握手を交わすシーンが印象的だったプレスミーティング。「黄金コンビ」はまだまだ盤石のようだ。




レース

9/25(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
9/26(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
9/27(日) 決勝 20:10〜


ドライバーズランキング

※トスカーナGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン190
2位バルテリ・ボッタス135
3位マックス・フェルスタッペン110
4位ランド・ノリス65
5位アレクサンダー・アルボン63
6位ランス・ストロール57
7位ダニエル・リカルド53
8位シャルル・ルクレール49
9位セルジオ・ペレス44
10位ピエール・ガスリー43

チームランキング

※トスカーナGP終了時点
1位メルセデス325
2位レッドブル・ホンダ173
3位マクラーレン106
4位レーシングポイント92
5位ルノー83
6位フェラーリ66
7位アルファタウリ・ホンダ53
8位アルファロメオ4
9位ハース1
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第10戦ロシアGP 9/27
第11戦ドイツGP 10/11
第12戦ポルトガルGP 10/25
第13戦イタリアGP 11/1
第14戦トルコGP 11/15
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 第6戦スペインGP & 第5戦70周年記念GP合併号