F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【F速プレミアム】グランプリのうわさ話:2020年のドライバー候補を絞り込むハースF1。ヒュルケンベルグはアルファロメオに関心

2019.09.17

 事件はサーキットの外でも起きている。もちろん、サーキットの中で起きているのは言うまでもない。水面下で蠢くチーム、ドライバー、グランプリにまつわる未確認情報を『F1速報』から依頼を受けた調査員が独自に調査。送られてきた報告書を公開する。

・・・・・・・・・・・・・・・

ハースF1候補にクビアトとクビサ
XPB Images
 つい最近、メルセデスとルノーの来季ドライバーラインアップが確定したが、次に発表することが期待されるチームはハースF1だ。ケビン・マグヌッセンは来年末まで契約が残っており、彼がシートを維持するのは確実だ。

 チーム代表のギュンター・シュタイナーは、モンツァで「我々はロマン(グロージャン)や、さらにニコ・ヒュルケンベルグとも話している」と説明したが、今後どちらの方向に進むのかについては明言しなかった。結局、最終決定はオーナーであるジーン・ハースが下すからだ。

 ヒュルケンベルグは、以前在籍したことがあるアルファロメオ・ザウバーへの復帰に傾いているようにみえる。またハースとしては、グロージャンとの契約を5年目まで続ける意志がないようだ。そのため、新たにチームと契約する候補としてダニール・クビアトとロバート・クビサの名前が挙がっている。

 ふたりともチームに予算をもたらすことができるほか、シュタイナーが新ドライバーに求める、最新世代のマシンに精通していること、という要件にも合致している。

 パスカル・ウェーレインからの移籍提案をシュタイナーが断った理由はそこにある。「彼は今年で2年間F1を走っていないことになる。このスポーツでは物事が非常に速く推移する」


※こちらの記事はプレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録

会員登録ページへ
※プレミアム会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

10/11(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/13(日) フリー走行3回目 中止
予選 結果 / レポート
10/13(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※日本GP終了時点
1位ルイス・ハミルトン338
2位バルテリ・ボッタス274
3位シャルル・ルクレール221
4位マックス・フェルスタッペン212
5位セバスチャン・ベッテル212
6位カルロス・サインツJr.76
7位ピエール・ガスリー73
8位アレクサンダー・アルボン64
9位ダニエル・リカルド42
10位ニコ・ヒュルケンベルグ35

チームランキング

※日本GP終了時点
1位メルセデス612
2位フェラーリ433
3位レッドブル・ホンダ323
4位マクラーレン111
5位ルノー77
6位トロロッソ・ホンダ59
7位レーシングポイント54
8位アルファロメオ35
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
第19戦アメリカGP 11/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報