F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【F速プレミアム】ライコネン観察日記:19年にわたるキャリアのなかで怪我を負っても平然とレースを続けてきたアイスマン

2019.09.13

 長年キミ・ライコネンの「番記者」を務めるフィンランド人ジャーナリストのヘイキ・クルタ氏が見た、アイスマンの言動をお送りするF1速報web限定連載。F1第13戦ベルギーGPでは脚を痛めてしまったライコネン。今回は無事レースを出走できたものの19年のキャリアのなかで他にも大きなクラッシュなどで怪我をしたこともあった。

-------------------------

 F1シーズンが後半戦に突入した時、キミ・ライコネンはキャリアを通じて最悪のケガを負っていた。彼は左脚をひどく引きずりながら、スパ・フランコルシャンのパドックに現れた。

「運動をしていて、ケガをした。スポーツをしている時に、うっかりどこかを傷めてしまうのはよくあることだ。酒を飲んでいてケガをする人は、まずいないのにね。まあ、あなたは別としての話だけど」と、キミはいったいどうしたのかという私の質問に、冗談をまじえながら答えた。

 本人によると、左脚の筋肉を傷めたとのことだった。私が専門家に聞いたところ、もし肉離れであれば回復までに4週間から6週間はかかるという。ライコネンは、それほど長く安静にしていることはできなかったが、私には「大丈夫だと思う」と力説した。


※こちらの記事はプレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録

会員登録ページへ
※プレミアム会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

11/27(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/28(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/29(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※トルコGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン307
2位バルテリ・ボッタス197
3位マックス・フェルスタッペン170
4位ダニエル・リカルド100
5位シャルル・ルクレール97
6位セルジオ・ペレス96
7位ランド・ノリス75
8位カルロス・サインツJr.74
9位アレクサンダー・アルボン70
10位ピエール・ガスリー63

チームランキング

※トルコGP終了時点
1位メルセデス504
2位レッドブル・ホンダ240
3位ルノー154
4位マクラーレン149
5位レーシングポイント136
6位フェラーリ130
7位アルファタウリ・ホンダ89
8位アルファロメオ8
9位ハース3
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第13戦エミリア・ロマーニャGP 11/1
第14戦トルコGP 11/15
第15戦バーレーンGP 11/29
第16戦サヒールGP 12/6
第17戦アブダビGP 12/13
  • 最新刊
  • F1速報

    2020年 第14戦トルコGP号