F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ヒュルケンベルグ「母国のファンの前でこのような終わり方になって、本当にがっかりしている」:ルノー F1ドイツGP日曜

2019年7月30日

 2019年F1第11戦ドイツGPが行われ、ルノーのダニエル・リカルドとニコ・ヒュルケンベルグはともにリタイアに終わった。


■ルノーF1チーム
ダニエル・リカルド 決勝=リタイア

2019年F1第11戦ドイツGP ダニエル・リカルド(ルノー)
ダニエル・リカルド(ルノー)

 レース中にエキゾーストが壊れて、リタイアを強いられた。クルマの後部から大量の煙が出ているのが見えて、その時点で万事休すだった。悔しかったよ。


 そこから先のレースは観戦する側に回ったけど、他のドライバーたちがとても楽しそうに見えた。大きくポイントを稼ぐチャンスがあったと思うから、僕もレースができたら良かったんだけどね。


 まあ、今回は残念だったけど、来週に向けて気持ちを切り替えて、前に進むしかない。チームにとっても、全体として厳しい結果に終わったが、ハンガリーでは流れが良くなることに期待したい。


ニコ・ヒュルケンベルグ 決勝=リタイア
 受け入れがたいことだ。自分への怒りと、チームとルノーに対する申し訳ない気持ちでいっぱいだ。彼らは今日のレースで、素晴らしい結果を手にするにふさわしい仕事をしていたからだ。いいところを見せるチャンスだったのに、うまく行かなかった。特に母国の観衆の前だけに、こんな終わり方になって本当にガッカリしている。


 路面がダンプ状態の最終コーナーは、おそろしくトリッキーだった。あの時はわずかにリヤが流れてスピンしそうになったので、ステアリングを戻してコース外の黒い舗装部分に出た。ところが、そこは氷の上みたいに滑りやすくて、もうその時点でクルマを止めることができなかった。戦略的にすごく難しかったにもかかわらず、僕らは素晴らしい仕事をしつつあった。それだけに僕の精神的なダメージは大きくて、明日にはもっと傷が深くなっていそうな気がする。

2019年F1第11戦ドイツGP クラッシュにより上位入賞がフイになってしまったニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)
2019年F1第11戦ドイツGP クラッシュにより上位入賞がフイになってしまったニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)



(Translation : Kenji Mizugaki)




レース

7/10(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/11(土) フリー走行3回目 19:00〜20:00
予選 結果 / レポート
7/12(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※シュタイアーマルクGP終了時点
1位バルテリ・ボッタス43
2位ルイス・ハミルトン37
3位ランド・ノリス26
4位シャルル・ルクレール18
5位セルジオ・ペレス16
6位マックス・フェルスタッペン15
7位カルロス・サインツJr.13
8位アレクサンダー・アルボン12
9位ピエール・ガスリー6
10位ランス・ストロール6

チームランキング

※シュタイアーマルクGP終了時点
1位メルセデス80
2位マクラーレン39
3位レッドブル・ホンダ27
4位レーシングポイント22
5位フェラーリ19
6位ルノー8
7位アルファタウリ・ホンダ7
8位アルファロメオ2
9位ウイリアムズ0
10位ハース0

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第2戦シュタイアーマルクGP 7/12
第3戦ハンガリーGP 7/19
第4戦イギリスGP 8/2
第5戦イギリスGP 8/9
第6戦スペインGP 8/16
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報 CLASSICS フランスGP