F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

元チームメイトのルクレールがフェラーリF1で「実力を見せつけることを望む」とエリクソン

2019年1月7日

 マーカス・エリクソンは2019年のF1に出場しないものの、ザウバーでのチームメイトだったシャルル・ルクレールを応援しており、彼がフェラーリで“実力を見せつける”ことを望んでいる。


 F1の若手集団のなかから浮上した、最も輝かしい才能を持つと見られている新人ルクレールは2018年のグランプリレースにおいて印象的な初シーズンを送り、フェラーリは21歳の彼と契約を結ぶことになった。


 ルクレールのずば抜けたスキルを間近で目にしたエリクソンは、彼の能力がフェラーリにおいて成長を続けない理由はないと見ている。


「フェラーリでのシャルルの動向を見守り続けるというのは、とても面白いことだと思うんだ」とエリクソンは語った。


「彼は来年すぐにでもうまくやっていけると思う。彼がフェラーリでうまくやっていけば、当然ながら僕の評価も上がることになる。彼がフェラーリで実力を見せつけることができるように、祈るとしよう!」


 2018年シーズンを通じてエリクソンは明らかにルクレールに遅れを取っていたが、それでも相対的に優れたパフォーマンスを見せることが何度かあった。エリクソンはこの先、シュミット・ピーターソン・モータースポーツからインディカーに参戦する。


 エリクソンは、2019年のルクレールがセバスチャン・ベッテルと互角の戦いをすると信じている。


「そうなると思う。展開に注目していれば、面白いことになるだろうね。でも彼がうまくやるだろうことは確信している」とエリクソンは語った。


 その意見については、現在はF1のスポーツ担当マネージャーを務め、元フェラーリのストラテジストだったロス・ブラウンも最近になって同意している。ブラウンはルクレールが元チームメイトのキミ・ライコネンよりも、ベッテルにより大きなプレッシャーをかけるだろうと考えている。


「シャルル・ルクレールがキミのように、状況に応じて寛容になるところなど想像できない」とブラウンはFormula1.comに語った。


「キミは我が道をいく男だ。誤解しないでほしいが、彼はチームの形勢を分かっていたと思う」


「複数回の世界チャンピオンと対戦するというプレッシャーがあるために、彼(ルクレール)にとっては非常に厳しい年になるだろう」


「だがこれまで私が目にしてきたことから、彼は極めて立派な仕事をするだろうと予想している」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

11/29(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/30(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
12/1(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン413
2位バルテリ・ボッタス326
3位マックス・フェルスタッペン278
4位シャルル・ルクレール264
5位セバスチャン・ベッテル240
6位カルロス・サインツJr.96
7位ピエール・ガスリー95
8位アレクサンダー・アルボン92
9位ダニエル・リカルド54
10位セルジオ・ペレス52

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位メルセデス739
2位フェラーリ504
3位レッドブル・ホンダ417
4位マクラーレン145
5位ルノー91
6位トロロッソ・ホンダ85
7位レーシングポイント73
8位アルファロメオ57
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2020年F1カレンダー
第1戦オーストラリアGP 3/15
第2戦バーレーンGP 3/22
第3戦ベトナムGP 4/5
第4戦中国GP 4/19
第5戦オランダGP 5/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報