F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ホンダF1がシミュレーション関連のパートナーと訣別。2019年のパワーユニット開発に影響か

2019年1月7日

 ドイツの自動車専門誌『アウトビルド』の報道によれば、ホンダは世界最先端のシミュレーション技術を誇るオーストリアAVL社とのパートナー契約を最近解消したとのことだ。解消の理由は、同社のプロジェクトリーダーとホンダのエンジニアたちとの意見の相違だという。


 オーストリア・グラーツに本拠を置くAVL社は、市販車からレーシングカーにいたる内燃機関、ハイブリッド、電気モーターなどあらゆるパワートレインの開発、テスト、シミュレーションを手がける世界最大の企業で、F1ではフェラーリも顧客のひとつだった。


 しかし今回のホンダと同様に、プロジェクトリーダーとの仲たがいで契約を解消している。ホンダは現行パワーユニットの開発に際して、AVL社のシミュレーション技術に大いに助けられてきたという。


 レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコ博士は、アウトビルド誌の報道を認めた上で、「すでにホンダは対応策を取っており、問題はない」とコメントした。一方でマルコ博士は、ホンダとパワーユニット開発で協力関係を培ってきたマリオ・イリエンの技術力に疑問を呈する発言もしている。


 マルコ博士によれば、ホンダはここ2年ほど悩まされてきたエンジン本体由来の異常振動の解決に、イリエンはある程度の貢献を果たしたとのことだ。しかしその代償として、期待したほどのフルパワーは今も発揮できていないという。そこでホンダはイリエンとの協力関係にも見切りをつけ、今後は独自の開発に舵を切ると見られている。


「しかしホンダとのパートナーシップは、必ず成功すると私は信じている」と、マルコ博士は言明した。


「すでに性能面では去年時点でルノーを抜いているし、2019年シーズンもいっそうの進化が期待できる。マックス(フェルスタッペン)もチームを引っ張ってくれるはずだしね。成功の要素は、すべて揃っているよ」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(翻訳・まとめ:Kunio Shibata)




レース

11/29(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/30(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
12/1(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン413
2位バルテリ・ボッタス326
3位マックス・フェルスタッペン278
4位シャルル・ルクレール264
5位セバスチャン・ベッテル240
6位カルロス・サインツJr.96
7位ピエール・ガスリー95
8位アレクサンダー・アルボン92
9位ダニエル・リカルド54
10位セルジオ・ペレス52

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位メルセデス739
2位フェラーリ504
3位レッドブル・ホンダ417
4位マクラーレン145
5位ルノー91
6位トロロッソ・ホンダ85
7位レーシングポイント73
8位アルファロメオ57
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
第19戦アメリカGP 11/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報