F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ボッタスがメルセデスF1に留まるためには「ハミルトンと同レベルのパフォーマンスが求められる」とウォルフ

2019年1月7日

 メルセデスF1トップのトト・ウォルフは、バルテリ・ボッタスが2020年以降もチームに残るために達成すべき目標を与えた。


 ボッタスは2018年シーズンは好調なスタートを切り、その一貫性のある走りで序盤はタイトル獲得候補と見られていた。


 しかし不運とパフォーマンスの不調により、ボッタスは夏の間にチームメイトのルイス・ハミルトンから徐々に差をつけられ、チーム内においてサポート役に甘んじることになっていった。


 ウォルフは2018年にボッタスに不運が続いたことを認識している一方で、2019年はパフォーマンスを向上させなければならないと主張している。メルセデスのリザーブドライバーであるエステバン・オコンが、後に控えていることもあるからだ。


「バルテリは来シーズンに、自分がどの位置につけるべきかを正確に分かっている。彼はすべての悪運を退け、ルイスと同じレベルでパフォーマンスを発揮する必要がある」とウォルフは語った。


「それが2020年に必要とされていることだ。彼はそのことをよく分かっているし、それだけの力がある」


 5度のF1世界チャンピオンであるチームメイトと肩を並べるのは、ボッタスにとっては厳しい注文だ。ハミルトンは勝負のレベルを上げ、その勢いを保つと予想されるからだ。


 しかしウォルフは、ボッタスには次のレベルにステップアップする能力があり、ハミルトンと互角の戦いができると確信している。


「キャリアとパフォーマンスの全盛期にある5度の世界チャンピオンを打ち負かすのは非常に難しいことであり、バルテリもそれを分かっている。しかし私は彼にはその力があると考えている」


「彼は勝てると思う。2018年シーズンに何度か彼はそれを証明してきた。しかし彼は不運に見舞われたり、勝つことができないポジションにいた」


「それが前向きな勢いに変わり、チャンピオンシップを賭けて走ることができれば、バルテリはタイトルを獲ることができると考えている」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

10/11(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
10/13(日) フリー走行3回目 中止
予選 結果 / レポート
10/13(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※日本GP終了時点
1位ルイス・ハミルトン338
2位バルテリ・ボッタス274
3位シャルル・ルクレール221
4位マックス・フェルスタッペン212
5位セバスチャン・ベッテル212
6位カルロス・サインツJr.76
7位ピエール・ガスリー73
8位アレクサンダー・アルボン64
9位ダニエル・リカルド42
10位ニコ・ヒュルケンベルグ35

チームランキング

※日本GP終了時点
1位メルセデス612
2位フェラーリ433
3位レッドブル・ホンダ323
4位マクラーレン111
5位ルノー77
6位トロロッソ・ホンダ59
7位レーシングポイント54
8位アルファロメオ35
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
第19戦アメリカGP 11/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報