F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

レッドブルF1代表「ホンダとの良好なコミュニケーションが成功のカギに」

2019年1月7日

 レッドブル・レーシングのチーム代表クリスチャン・ホーナーは、新たなパートナー、ホンダとうまくコミュニケーションをとることができており、それが成功を目指す上で重要な要素になると語った。


 2018年にトロロッソにパワーユニット(PU/エンジン)を供給したホンダは、2019年に向けてレッドブル・レーシングとの契約も結んだ。レッドブルは長年のパートナー、ルノーと袂を分かち、ホンダとともにF1の頂点に返り咲くことを目指す。


「いかなるビジネスでもそうだが、特にモータースポーツにおいては、コミュニケーションが非常に重要な要素である」とホーナーは、ホンダとの新プロジェクトについて語った。


「ホンダは日本を拠点としているが、イギリスのファクトリーは我々の本拠と近いミルトン・キーンズにある」


「彼らとは活発に議論を行っており、それが非常にいい方向に働いている」


「極めて健全な作業環境を確立できていると思う。レッドブル・テクノロジー、トロロッソ、そしてホンダの関係を育むことに力を入れてきたので、2019年に完全に新しい環境になるというわけではない」


 2018年、コンストラクターズ選手権2位のフェラーリに152ポイントの大差をつけられたレッドブルだが、ホーナーはRB14は非常に優れたシャシーだったとして、それは2019年シーズンに向けていい兆候であると考えている。


「(2018年シーズン)序盤、マシンはとても強力だった。しかし(ルノー)エンジンのアップグレードが導入されたモントリオールごろ、ライバルたちから後れをとるようになった」


「メルセデスやフェラーリとの差が広がってしまった。しかしサマーブレイクの後、再び戦えるポジションに戻ることができた」


「マシン開発をうまく進めることができたのだ。その結果、連続して表彰台を獲得することができた。シーズン後半、マシンを積極的に改善していった」



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

11/15(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/16(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/17(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アメリカGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン381
2位バルテリ・ボッタス314
3位シャルル・ルクレール249
4位マックス・フェルスタッペン235
5位セバスチャン・ベッテル230
6位アレクサンダー・アルボン84
7位カルロス・サインツJr.80
8位ピエール・ガスリー77
9位ダニエル・リカルド46
10位セルジオ・ペレス44

チームランキング

※アメリカGP終了時点
1位メルセデス695
2位フェラーリ479
3位レッドブル・ホンダ366
4位マクラーレン121
5位ルノー83
6位レーシングポイント65
7位トロロッソ・ホンダ64
8位アルファロメオ35
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
第19戦アメリカGP 11/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報