F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ホンダ田辺TD「ホームでの入賞をあと一歩のところで逃し非常に残念。この悔しさをバネにさらなるパフォーマンス向上に努める」:F1日本GP日曜

2018年10月7日

 2018年F1日本GP決勝で、レッドブル・トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーは11位、ブレンドン・ハートレーは13位だった。


 ハートレーは6番グリッド、ガスリーは7番グリッドから予選順位と同じ位置から、ユーズドのスーパーソフトタイヤでスタート。それぞれ1回ストップの戦略で走った。ハートレーはスタートでポジションを落とした後、ポイント圏外に。28周目にソフトタイヤに交換、終盤はマーカス・エリクソンのすぐ後ろに迫ったものの、抜くにいたらず、13位でフィニッシュした。


 ガスリーはスタート後もポジションを維持、29周まで走り続け、ソフトタイヤに交換。レース終盤まで10番手を走り続けたが、53周のレースの50周目にカルロス・サインツJr.にオーバーテイクされ、11位でチェッカーを受けた。

2018年F1第17戦日本GP トロロッソ・ホンダを応援するファンでブルーに染まった鈴鹿の観客席

■レッドブル・トロロッソ・ホンダ
ホンダF1テクニカルディレクター田辺豊治
 昨日の予選結果がよかっただけに、それを今日のレースにつなげられず非常に残念に思っています。ピエールは終始ポイント圏内を走行していましたが、終盤にオーバーテイクされ、惜しくも入賞を逃してしまいました。


 今週末はトロロッソ・ホンダチームが鈴鹿に入ってから、常に多くのファンの方々に温かい声援をいただきました。チームメンバー全員が勇気づけられましたし、それに応える意味でもポジティブな結果を残したかっただけに、悔しい気持ちが強いです。


 ホームレースでのこの悔しさをバネに、今季の残りのレースおよび来年へのパフォーマンス向上につなげます。



(autosport web)




レース

6/7(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
6/8(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
6/9(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※カナダGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン162
2位バルテリ・ボッタス133
3位セバスチャン・ベッテル100
4位マックス・フェルスタッペン88
5位シャルル・ルクレール72
6位ピエール・ガスリー36
7位カルロス・サインツJr.18
8位ダニエル・リカルド16
9位ケビン・マグヌッセン14
10位セルジオ・ペレス13

チームランキング

※カナダGP終了時点
2位メルセデス295
2位フェラーリ172
3位レッドブル・ホンダ124
4位マクラーレン30
5位ルノー28
6位レーシングポイント19
7位トロロッソ・ホンダ17
8位ハース16
9位アルファロメオ13
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第7戦カナダGP 6/9
第8戦フランスGP 6/23
第9戦オーストリアGP 6/30
第10戦イギリスGP 7/14
第11戦ドイツGP 7/28
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報