F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

アロンソ「押し出されたのにペナルティを受けるなんて理解不能」:F1日本GP日曜

2018年10月8日

 2018年F1日本GP決勝で、マクラーレンのフェルナンド・アロンソは14位だった。18番グリッドからスタートで15番手に上がったアロンソだが、ランス・ストロールに押し出されてコース外を走ったことで5秒のタイムペナルティとペナルティポイント1を科された。スチュワードの声明には「カーナンバー14(アロンソ)はコース外に押し出されたことは明らかだが、その後シケインをカットしてからコースに復帰したことで、大きなアドバンテージを得た」と記されており、アロンソはコーナーをカットしたことでポジションをゲインしたと示唆している。一方、ストロールは「アロンソと接触し、コース外に押し出した」と判断され、5秒ペナルティとペナルティポイント2を科された。


 アロンソはタイムペナルティのために最後尾に落ちたが、そこから順位を上げていき、14位でフィニッシュした。


■マクラーレンF1チーム
フェルナンド・アロンソ 決勝14位
 結果はひどいけれど、走っていて楽しかった。オープニングラップはとてもうまく走ったと思う。ポジション争いが激しいなか、S字で抜きつ抜かれつのバトルをし、結果的にいくつかポジションを上げることができた。


 レース終盤の数周はウイリアムズや(マーカス・)エリクソンといいバトルをした。彼らは使い込んだタイヤで苦しんでいたんだ。


 僕らは週末を通してあまりにも遅すぎたが、それでもレースはとても楽しかった。

2018年F1第17戦日本GP フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)

 序盤に5秒ペナルティを受けたことで、いくつも順位を失った。どっちみちポイント圏内にはいなかったから、大打撃というわけではないが、このスチュワードの決定は理解しかねる。(レース後に)ランスが言うには、僕が見えなかったということだが、あの時、彼がこっちに向かって来て、僕は押し出される形になった。行き場がなくて、コース外に避けるしかなかったんだ。


(ペナルティについてCrash.netに語り)相手のドライバーが謝罪に来ているというのに、この決定だ。F1がどれだけひどい状態か分かるというものだ。裁定がランダムで、一貫していない。相手が謝罪に来るようなインシデントなのに、グラベルに飛び出したことでペナルティを受ける。残念だよ。


 彼(ストロール)には僕が見えていなかったという。僕がいるのを知りながら芝生に押し出したのならまた別だけど、そうではないのだから、これは不運なインシデントにすぎない。


 結果としては、12位でフィニッシュできたところが14位になっただけだから、大した違いはないけどね。

2018年F1第17戦日本GP フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)



(autosport web)




レース

11/29(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/30(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
12/1(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン413
2位バルテリ・ボッタス326
3位マックス・フェルスタッペン278
4位シャルル・ルクレール264
5位セバスチャン・ベッテル240
6位カルロス・サインツJr.96
7位ピエール・ガスリー95
8位アレクサンダー・アルボン92
9位ダニエル・リカルド54
10位セルジオ・ペレス52

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位メルセデス739
2位フェラーリ504
3位レッドブル・ホンダ417
4位マクラーレン145
5位ルノー91
6位トロロッソ・ホンダ85
7位レーシングポイント73
8位アルファロメオ57
9位ハース28
10位ウイリアムズ1

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第15戦シンガポールGP 9/22
第16戦ロシアGP 9/29
第17戦日本GP 10/13
第18戦メキシコGP 10/27
第19戦アメリカGP 11/3
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報