F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

リカルド「セーフティカーのタイミングが最悪。速さもなかった」:F1イギリスGP日曜

2018年7月9日

 2018年F1イギリスGP決勝で、レッドブル・レーシングのダニエル・リカルドは5位だった。
                        


■アストンマーチン・レッドブル・レーシング
ダニエル・リカルド 決勝=5位
 今日の僕らは、ただ単純に速くなかった。1周目はちょっとクレージーで面白かったね。ルイス(・ハミルトン)に何が起きたのか知らないけど、とにかく彼がスピンしているのが見えた。その後はマックス(・フェルスタッペン)とキミ(・ライコネン)がいいバトルをしていた。


 2度のリスタートで緊張感は高まったものの、僕らはストレートでのスピートが遅くて、できることはあまりなかった。フェラーリやメルセデスと戦うには、どうにもこうにも遅すぎたということだ。クリーンエアで走っていれば、クルマはかなり良かったと思う。特に第2スティントでミディアムタイヤを履いた時には、キミを少し引き離すこともできたし、マックスにも追いつき始めていた。そして、チームが2ストップ戦略で行こうと決め、僕をピットに入れた直後に、セーフティカーが出動した。ひどく不運なタイミングで、僕はトラックポジションを失ってしまった。終盤には、タイヤに苦しんでいた(バルテリ・)ボッタスを抜こうとトライしたけど、彼の背後に迫るとダウンフォースを失い、僕のタイヤも彼と同じような状態になって苦戦した。先週、キミの後ろを走った時と似た感じで、彼がミスをしてくれない限り、とても抜けそうになかった。ストレートでDRSを使っても、向こうの方がはるかにパワーがあった。


 モナコ以降、いろいろなことがうまく行っていない。モナコでは勝てたけど、あれで終わりにはしたくないんだ。これから1週間のオフをもらえてうれしいよ。僕はレースが好きだけど、ひとまずあのクルマを1週間休ませたい。あいつには、いったん自分自身についてよく考えてから、ドイツに来てほしいんだ(笑)。ドイツでシュニッツェルでも奢ってやろうかな。もしかしたら、何か僕が言ったことで、気を悪くしているのかもしれないから。でも、とりあえずは、バモス・ア・ラ・プラヤ(スペイン語で「ビーチへ行こう」、ポピュラーソングのタイトル)だ。



(autosport web)




レース

7/12(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/13(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/14(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン223
2位バルテリ・ボッタス184
3位マックス・フェルスタッペン136
4位セバスチャン・ベッテル123
5位シャルル・ルクレール120
6位ピエール・ガスリー55
7位カルロス・サインツJr.38
8位キミ・ライコネン25
9位ランド・ノリス22
10位ダニエル・リカルド22

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位メルセデス407
2位フェラーリ243
3位レッドブル・ホンダ191
4位マクラーレン60
5位ルノー39
6位アルファロメオ26
7位レーシングポイント19
8位トロロッソ・ホンダ19
9位ハース16
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第10戦イギリスGP 7/14
第11戦ドイツGP 7/28
第12戦ハンガリーGP 8/4
第13戦ベルギーGP 9/1
第14戦イタリアGP 9/8
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報