F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

フェルスタッペン「ブレーキトラブルでリタイア。それ以前にストレートが遅すぎてどうにもならなかった」:F1イギリスGP日曜

2018年7月9日

 2018年F1イギリスGP決勝で、レッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンはリタイア(15位完走扱い)だった。
                          


■アストンマーチン・レッドブル・レーシング
マックス・フェルスタッペン 決勝=リタイア(15位完走扱い)
 いい形で3連戦を終えることはできなかったけど、幸いなことに先週はとても良かったし、2週間前もポジティブだった。まあ、これもレースだ。これまでにもこういうことは何度もあり、これからも間違いなくあるだろう。だけど、僕としてはもちろん5位でフィニッシュしたかったし、少なくともポイントは獲りたかった。今日は結局ノーポイントだからね。


 1周目にブレーキ・バイ・ワイヤーのトラブルが起きて、ターン3でいきなりペダルの踏み応えがなくなった。ところが、不思議なことにそれはすぐに直って、その後は何の問題もなかったんだ。そして、2回目のセーフティカーの後、ターン16でブレーキを踏んだら、またペダルがストンと抜けてリヤブレーキがロックし、スピンしてコースから飛び出した。いったい何が起きたのか、これからよく調べるつもりだ。


 ブレーキのトラブルがなかったとしても、今日はストレートが遅すぎてどうにもならなかった。ダニエル(・リカルド)が(バルテリ・)ボッタスにアタックしていた時に、みんなも見たと思うけど、こっちがDRSを開いても、DRSを使っていない彼らと同じスピードなんだ。これでは手も足も出ないよ。              


 今季これまでのところは、クルマの信頼性はまずまずだった。ここでトラブルが起きたのは残念だね。厳しい週末になるのが分かっている時ほど、何とか少しでもポイントを持ち帰りたいものだから。でも、この週末の明るい面を見るとすれば、それはクルマそのものは決して悪くないと思えたことだ。            



(autosport web)




レース

7/12(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/13(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/14(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン223
2位バルテリ・ボッタス184
3位マックス・フェルスタッペン136
4位セバスチャン・ベッテル123
5位シャルル・ルクレール120
6位ピエール・ガスリー55
7位カルロス・サインツJr.38
8位キミ・ライコネン25
9位ランド・ノリス22
10位ダニエル・リカルド22

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位メルセデス407
2位フェラーリ243
3位レッドブル・ホンダ191
4位マクラーレン60
5位ルノー39
6位アルファロメオ26
7位レーシングポイント19
8位トロロッソ・ホンダ19
9位ハース16
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第10戦イギリスGP 7/14
第11戦ドイツGP 7/28
第12戦ハンガリーGP 8/4
第13戦ベルギーGP 9/1
第14戦イタリアGP 9/8
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報