F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ライコネン「ハミルトンに接触したのは僕のミス。ペナルティを受けても仕方ない」:F1イギリスGP日曜

2018年7月9日

 2018年F1イギリスGP決勝で、フェラーリのキミ・ライコネンは3位だった。スタート直後のターン3でルイス・ハミルトンと接触したことで、ライコネンは10秒のタイムペナルティとペナルティポイント2を科された。


■スクーデリア・フェラーリ
キミ・ライコネン 決勝=3位
 スタートは完璧とはいえないものだった。ターン3でイン側のホイールをロックして、グリップを失い、思うように減速できなかった。それでルイス(・ハミルトン)のリヤホイールに接触してしまい、彼はスピンした。


 10秒のタイムペナルティを消化しなければならず、その後のレースは順調には行かなかった。オーバーテイクが難しく、レッドブル勢と何周にもわたって戦わなければならなかった。前があいた状態ではペースは良かったが、彼らの後ろにつくと、メルセデスよりも乱気流の影響が大きいように感じた。ダウンフォースを失い、マシンバランスが乱れてしまい、僕の方がずっと速いのに、彼らの後ろに近づくことができないんだ。


 レースの序盤と終盤に、かなり長い時間、バトルをすることになった。最終的には抜くことができて、それからメルセデスの1台もオーバーテイクすることができた。


 楽な一日ではなかったけれど、ベストを尽くしたし、それなりにうまく挽回できたと思う。


(F1のインタビューでハミルトンとの接触について聞かれ)僕のミスだ。だからペナルティを受けても仕方ない。僕が悪いことをした。でも時にはこういうことも起きるものだ。
            
 わざとしたと非難するのはおかしい。運悪く接触してしまったけれど、僕らはその代償を払った。



(autosport web)




レース

7/12(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/13(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/14(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位ルイス・ハミルトン223
2位バルテリ・ボッタス184
3位マックス・フェルスタッペン136
4位セバスチャン・ベッテル123
5位シャルル・ルクレール120
6位ピエール・ガスリー55
7位カルロス・サインツJr.38
8位キミ・ライコネン25
9位ランド・ノリス22
10位ダニエル・リカルド22

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位メルセデス407
2位フェラーリ243
3位レッドブル・ホンダ191
4位マクラーレン60
5位ルノー39
6位アルファロメオ26
7位レーシングポイント19
8位トロロッソ・ホンダ19
9位ハース16
10位ウイリアムズ0

レースカレンダー

2019年F1カレンダー
第10戦イギリスGP 7/14
第11戦ドイツGP 7/28
第12戦ハンガリーGP 8/4
第13戦ベルギーGP 9/1
第14戦イタリアGP 9/8
  • 最新刊
  • F1速報

    F1速報