F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

F1ベルギーGP FP2:ソフトでも速さを見せたフェルスタッペンが初日最速タイム。ルクレール、ノリスが続く

2022年8月27日

 2022年F1第14戦ベルギーGPのフリー走行2回目が行われ、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)がトップタイムをマークした。2番手はシャルル・ルクレール(フェラーリ)、3番手はランド・ノリス(マクラーレン)となっている。角田裕毅(アルファタウリ)は13番手だった。


 FP1終盤に降り出した雨は、ほどなく止んだ。路面もほぼ乾いているが、セッション中の降水確率は40%。上空には鉛色の雲が垂れ込めている。セッションの始まる現地時間午後5時の時点で気温18度、路面温度22度と相変わらず低温コンディションだ。


 赤旗中断と雨で30分ほどしか走れなかったFP1の分を取り返そうと、各マシンは最初から積極的に周回を重ねる。ノータイムだったバルテリ・ボッタス(アルファロメオ)も、トラブルの対処は完了したようだ。序盤はフェルスタッペンとカルロス・サインツ(フェラーリ)が、トップタイムを出し合う展開。1秒2ほど遅れてルクレール、セルジオ・ペレス(レッドブル)が続く。


 上位勢がミディアムタイヤを履くなか、メルセデス2台はハードで周回。ルイス・ハミルトン10番手、ジョージ・ラッセルは16番手。「タイヤが温まらない!」と、不満を漏らす。ハミルトンも手こずっている感じで、ターン1ラ・スルスのブレーキングで派手に左フロントタイヤをロックさせた。


 開始後15分の時点で、トップはフェルスタッペン、2番手サインツ、3番手ルクレール、4番手ペレス。そして角田が6周目のミディアムでレッドブル、フェラーリ勢に続く5番手タイムを出した。ピエール・ガスリー(アルファタウリ)はFP1を走らなかったハンディキャップが響いたか、12番手にとどまっている。


 その後、真っ先にソフトタイヤに履き替えたラッセルが、3番手につけた。するとアレクサンダー・アルボン(ウイリアムズ)が、コンマ3秒しのぐタイムでその座を奪った。ソフトでもフェルスタッペンの速さは変わらず、1分45秒507でトップ。2番手ルクレールは0.862秒差をつけられた。3番手ノリス、4番手ランス・ストロール(アストンマーティン)、5番手サインツ、6番手ハミルトン。ペレスはミディアムで7周走ってからずっとガレージにこもっており、16番手まで順位を落としている。


 残り20分、各車はロングランに専念。遅れてソフトを履いたペレスは、自己ベストを更新できず。このタイミングで降り出した小雨の影響を受けたようだ。その後も細かい雨粒が落ち続け、レインタイヤに履き替えるほどではないものの、ロングランペースは1分52〜55秒まで落ちた。ノリス、ミック・シューマッハー(ハース)、フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)らが、そこかしこでコースオフを喫した。


 満足なロングランもできないまま、セッション終了。トップはフェルスタッペン、2番手ルクレール、3番手ノリス、4番手ストロール、5番手サインツ、6番手ハミルトン、7番手アロンソ、8番手ラッセル、9番手ダニエル・リカルド(マクラーレン)、10番手ペレス。アルファタウリ勢は角田13番手、ガスリー14番手だった。

ランド・ノリス(マクラーレン)
2022年F1第14戦ベルギーGP ランド・ノリス(マクラーレン)

ランス・ストロール(アストンマーティン)
2022年F1第14戦ベルギーGP ランス・ストロール(アストンマーティン)

ルイス・ハミルトン(メルセデス)
2022年F1第14戦ベルギーGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)

角田裕毅(アルファタウリ)
2022年F1第14戦ベルギーGP 角田裕毅(アルファタウリ)



(Kunio Shibata)




レース

11/18(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
11/19(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
11/20(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※アブダビGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン454
2位シャルル・ルクレール308
3位セルジオ・ペレス305
4位ジョージ・ラッセル275
5位カルロス・サインツ246
6位ルイス・ハミルトン240
7位ランド・ノリス122
8位エステバン・オコン92
9位フェルナンド・アロンソ81
10位バルテリ・ボッタス49

チームランキング

※アブダビGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング759
2位スクーデリア・フェラーリ554
3位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム515
4位BWTアルピーヌF1チーム173
5位マクラーレンF1チーム159
6位アルファロメオF1チーム・オーレン55
7位アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラワン・チーム55
8位ハースF1チーム37
9位スクーデリア・アルファタウリ35
10位ウイリアムズ・レーシング8

レースカレンダー

2022年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/31
第14戦ベルギーGP 8/28
第15戦オランダGP 9/4
第16戦イタリアGP 9/11
第17戦シンガポールGP 10/2
  • 最新刊
  • F1速報

    総集編