F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【F速プレミアム】王者フェルスタッペンの戦い:「モントリオールの予選とレースで順調だったのは、うれしい驚き」

2024.06.20

 2024年F1第9戦カナダGPでは惜しくもポールを逃したものの波乱のレースを制し、レーサーとして最高の満足を得られたというマックス・フェルスタッペン(レッドブル)。F1スイス在住のF1ジャーナリスト、マチアス・ブルナーがレース週末を語る。
--------------------------------------

 F1カナダGPは、路面コンディションが様々に変化する実にスリリングなレースだった。そして、現ワールドチャンピオン、マックス・フェルスタッペンの言葉を借りれば、「些細なミスが重大な結果をもたらすようなレース」でもあった。

 ともあれ、マックスは一度も大きなミスを犯さず、彼のチームも同様だった。F1での通算60勝目、バーレーン、サウジアラビア、日本、中国、イモラに続く今季6勝目をあげたフェルスタッペンは、こう語っている。「チームとしての取り組みは完璧だった。僕らはひとつの手違いもなく、つねに冷静さを保っていた」

 さらに言えば、これはマックスにとって過去75戦のF1レースでの50勝目であり、モントリオールでは3連勝だ。ただ、予選では「0.000秒差」でポールポジションをメルセデスのジョージ・ラッセルにさらわれた。両者は1000分の1秒台まで同じタイムを叩き出したが、先にそのタイムを記録していたラッセルにポールが与えられたのだ。

 きわめて不安定なコンディションでのレースについて、フェルスタッペンは述べた。「まさに全力での戦いを強いられた。ピットストップのタイミングは完璧で、マイアミではセーフティカーに関してアンラッキーだったけど、今回は僕らの方がツイていた。運に関することは、年間を通じて見れば、結局は差し引きゼロになると思っている」


※こちらの記事はプレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録

会員登録ページへ
※プレミアム会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

7/5(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/6(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/7(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン255
2位ランド・ノリス171
3位シャルル・ルクレール150
4位カルロス・サインツ146
5位オスカー・ピアストリ124
6位セルジオ・ペレス118
7位ジョージ・ラッセル111
8位ルイス・ハミルトン110
9位フェルナンド・アロンソ45
10位ランス・ストロール23

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング373
2位スクーデリア・フェラーリ302
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム295
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム221
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム68
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム31
7位マネーグラム・ハースF1チーム27
8位BWTアルピーヌF1チーム9
9位ウイリアムズ・レーシング4
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第12戦イギリスGP 7/7
第13戦ハンガリーGP 7/21
第14戦ベルギーGP 7/28
第15戦オランダGP 8/25
第16戦イタリアGP 9/1
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.6 第7戦エミリア・ロマーニャGP & 第8戦モナコGP & 第9戦カナダGP号