F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

アルボン「ミスに巻き込まれた。あれを避ける何らかの手段があったとは思わない」:ウイリアムズ F1第9戦決勝

2024年6月11日

 2024年F1第9戦カナダGPの決勝レースが行われ、ウイリアムズのアレクサンダー・アルボンとローガン・サージェントはともにリタイアでレースを終えた。サージェントは縁石に乗りスピンを喫してバリアに接触、アルボンはカルロス・サインツ(フェラーリ)がターン6で単独でスピンを喫した直後に避けきれずに接触しリタイアとなった。


■アレクサンダー・アルボン(ウイリアムズ・レーシング)
決勝=DNF(52周/70周)
10番グリッド/タイヤ:インターミディエイト→インターミディエイト→ミディアム

アレクサンダー・アルボン(ウイリアムズ)
2024年F1第9戦カナダGP アレクサンダー・アルボン(ウイリアムズ)

 残念なかたちでレースを終えることになった。ポイントに手が届くところにいたのは間違いない。そして、コンディションが絶えず変化する中で、どのタイヤでもクルマのフィーリングは良かったんだ。不必要なリスクは一切取らないようにしていたし、チームが考えたレースプランもうまく機能していた。こういう天候ではいつもそうなるように、今日のレースも生き残り競争になったが、僕は他人のミスに巻き込まれてしまった。これがレースというもので、あの出来事を避ける何らかの手立てがあったとも思わない。


■ローガン・サージェント(ウイリアムズ・レーシング)
決勝=DNF(23周/70周)
13番グリッド/タイヤ:インターミディエイト

ローガン・サージェント(ウイリアムズ)
2024年F1第9戦カナダGP クラッシュ後、マシンを降りるローガン・サージェント(ウイリアムズ)

 特にスタート直後は路面に溜まった水の量が多くて、とても難しいコンディションだった。あちこちでアクアプレーニングが起き、とにかくコントロールを失わないように努めていた。今日はあまりにもミスが多すぎて、そのうちのふたつが特に大きかった。(クラッシュにつながったミスは)信じられないほどの勢いでリアが流れて、対処できなかったんだ。この週末はかなりいいドライブをしていると思っていただけに、自分自身にガッカリさせられたよ。うまくクリーンなラップをまとめている時のペースは良かった。気持ちを切り替えて、次のレースのことを考えるよ。



(autosport web Translation:Kenji Mizugaki)




レース

7/19(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/20(土) フリー走行3回目 19:30〜20:30
予選 23:00〜
7/21(日) 決勝 22:00〜


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン255
2位ランド・ノリス171
3位シャルル・ルクレール150
4位カルロス・サインツ146
5位オスカー・ピアストリ124
6位セルジオ・ペレス118
7位ジョージ・ラッセル111
8位ルイス・ハミルトン110
9位フェルナンド・アロンソ45
10位ランス・ストロール23

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング373
2位スクーデリア・フェラーリ302
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム295
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム221
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム68
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム31
7位マネーグラム・ハースF1チーム27
8位BWTアルピーヌF1チーム9
9位ウイリアムズ・レーシング4
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/21
第14戦ベルギーGP 7/28
第15戦オランダGP 8/25
第16戦イタリアGP 9/1
第17戦アゼルバイジャンGP 9/15
  • 最新刊
  • F1速報

    Rd10 スペイン&Rd11 オーストリア&Rd12 イギリスGP号