F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

ルクレール「すべてのコンディションで強力だった」と予選に向けて自信。チームはタイヤ規則違反で罰金/F1カナダGP

2024年6月8日

 2024年F1カナダGPの金曜、フェラーリのシャルル・ルクレールはフリー走行1=3番手/フリー走行2=4番手という結果だった。


 FP1開始時、FIAは、ルクレールのパワーユニットにシーズン2基目のエナジーストアとコントロールエレクトロニクスが入れられたことを発表した。シーズン中に使用が許される基数内であるため、ペナルティは受けない。


 なお、FP2でフェラーリは、セッション序盤、FIAから正式なウエット宣言がなされる前に、ルクレール車にインターミディエイトタイヤを装着してコースに送り出した。チームはすぐにルクレールをピットに呼び戻したが、レギュレーション違反を犯したとして、フェラーリには、5000ユーロ(約85万円)の罰金が科された。

シャルル・ルクレール(フェラーリ)
2024年F1第9戦カナダGP シャルル・ルクレール(フェラーリ)


■シャルル・ルクレール(スクーデリア・フェラーリ)
フリー走行1=3番手(1分25秒306:ソフトタイヤ/11周)/フリー走行2=4番手(1分16秒556:ミディアムタイヤ/24周)


 今日はコースに出るたびにコンディションが大きく異なっていたので、それほど多くのことは学べなかった。一日を通してたくさんの周回を走れたという点は、ポジティブだったよ。


 明日が楽しみだ。予選に向けてすべてをまとめ上げたいと思っている。


(走行後にメディアに対して語り)路面が一番乾いていた時にアタックをしなかったために、タイムシートでトップに立つことはできなかった。でも走るラップすべてがとても強力だったと思う。


 とはいえ、マシンを改善するためにやるべきことがあまりないというわけではない。明日に向けていくつか変更を加えなければならない。それによってもっと良い位置につくことができるかもしれないよ。


 全体的には、すべてのコンディションで競争力がとても高いので、満足している。

シャルル・ルクレール(フェラーリ)
2024年F1第9戦カナダGP シャルル・ルクレール(フェラーリ)



この記事は f1i.com 提供の情報をもとに作成しています



(autosport web)




レース

7/19(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/20(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/21(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン255
2位ランド・ノリス171
3位シャルル・ルクレール150
4位カルロス・サインツ146
5位オスカー・ピアストリ124
6位セルジオ・ペレス118
7位ジョージ・ラッセル111
8位ルイス・ハミルトン110
9位フェルナンド・アロンソ45
10位ランス・ストロール23

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング373
2位スクーデリア・フェラーリ302
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム295
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム221
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム68
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム31
7位マネーグラム・ハースF1チーム27
8位BWTアルピーヌF1チーム9
9位ウイリアムズ・レーシング4
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第13戦ハンガリーGP 7/21
第14戦ベルギーGP 7/28
第15戦オランダGP 8/25
第16戦イタリアGP 9/1
第17戦アゼルバイジャンGP 9/15
  • 最新刊
  • F1速報

    Rd10 スペイン&Rd11 オーストリア&Rd12 イギリスGP号