F1速報

  • 会員登録
  • ログイン

【F速プレミアム】レッドブル一強から変化の風/スペイン人ライターのF1コラム

2024.06.07

 2024年シーズンを圧倒的優位に進めていたマックス・フェルスタッペンとレッドブル。しかし、ライバル勢のアップデートでその優位性が揺らぎ始めた。スペイン在住のフリーライター、アレックス・ガルシアが第8戦モナコGPまでのシーズンを語る。
------------------------------------------------------

 この数カ月間、F1ではその将来に大きな注目が集まっていた。ドライバー市場を取り巻く謎や、エイドリアン・ニューウェイのレッドブル離脱と彼の行き先がまだ不明であることなど、驚くべき変化があったのだ。それはおそらく、レッドブルが記録破りの2023年を経て優勢に立ったことの当然の結果だったのだろう。結局、オーストラリアで不運にも首位からリタイアしたことを除けば、マックス・フェルスタッペンは2024年シーズンの序盤を支配していた。バーレーンと日本ではフルポイントを獲得したし、サウジアラビアと中国ではファステストラップを逃しただけだった。そして、すべてが変わった。

 マイアミでフェルスタッペンはランド・ノリスに敗れ2位となったが、これはノリスにとって待望のF1初勝利となった。2週間後、イモラで開催されたエミリア・ロマーニャGPの終盤で、ノリスは驚異的な追い上げを見せ、現世界チャンピオンからわずか0.7秒差でレースを終えた。そして、何かが実際に変化しつつあるのかもしれないという考えを裏付けるかのように、フェルスタッペンはモナコで6位に終わった。彼のマシンは明らかにフェラーリやマクラーレンと同等ではなかった。つまりレッドブルにとって楽なシーズンになるはずだったのに、彼らはヘマをしたということだろうか?


※こちらの記事はプレミアム会員専用のコンテンツとなります。
一般+プレミアム会員一括登録

会員登録ページへ
※プレミアム会員登録後、本文記事が表示されない場合、ページの更新をお試しください。



レース

7/5(金) フリー走行1回目 結果 / レポート
フリー走行2回目 結果 / レポート
7/6(土) フリー走行3回目 結果 / レポート
予選 結果 / レポート
7/7(日) 決勝 結果 / レポート


ドライバーズランキング

※イギリスGP終了時点
1位マックス・フェルスタッペン255
2位ランド・ノリス171
3位シャルル・ルクレール150
4位カルロス・サインツ146
5位オスカー・ピアストリ124
6位セルジオ・ペレス118
7位ジョージ・ラッセル111
8位ルイス・ハミルトン110
9位フェルナンド・アロンソ45
10位ランス・ストロール23

チームランキング

※イギリスGP終了時点
1位オラクル・レッドブル・レーシング373
2位スクーデリア・フェラーリ302
3位マクラーレン・フォーミュラ1チーム295
4位メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム221
5位アストンマーティン・アラムコ・フォーミュラ1チーム68
6位ビザ・キャッシュアップRB F1チーム31
7位マネーグラム・ハースF1チーム27
8位BWTアルピーヌF1チーム9
9位ウイリアムズ・レーシング4
10位ステークF1チーム・キック・ザウバー0

レースカレンダー

2024年F1カレンダー
第12戦イギリスGP 7/7
第13戦ハンガリーGP 7/21
第14戦ベルギーGP 7/28
第15戦オランダGP 8/25
第16戦イタリアGP 9/1
  • 最新刊
  • F1速報

    Vol.6 第7戦エミリア・ロマーニャGP & 第8戦モナコGP & 第9戦カナダGP号